ネット
決済可能

地域から選ぶ「北海道」

当別町

とうべつちょう

寄附金の
使い道について

皆様からいただいた寄附金は、地域ブランドづくりを含めた当別町のPRや、基幹産業である農業をPRするための販売促進事業など、個性豊かなまちづくりを推進するための各種事業に活用しています。

軽トラ・マーケットなど札幌市内農産物直売事業

農家が普段使用している軽トラックに、その日採れた新鮮野菜を積み、イベント会場で販売する「軽トラ・マーケット」を、平成20年度から継続的に開催しています。札幌市厚別区において大規模に開催するほか、札幌市内の各種イベントでも、農家の皆さんが消費者と直接触れ合いながら、軽トラックに積んだ野菜やとうべつBrandeli’認証品を販売しています。
札幌の近くで新鮮な野菜を買うことができる、農業のまちとしての当別町を、これからも積極的にPRしていきます。

軽トラ・マーケットなど札幌市内農産物直売事業

当別イメージアップ戦略事業

イメージキャラクターやキャッチフレーズを決定し、まちの魅力を発信するポスター、リーフレットなどの作成に取り組んでいます。

当別イメージアップ戦略事業

東京都有楽町「どさんこプラザ」出展事業

北海道が東京都有楽町に設置するアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」で、平成22年度より当別町産の農産物の販売を行っています。

東京都有楽町「どさんこプラザ」出展事業

札幌市アンテナショップ「HUGマート」出展事業

札幌市の狸小路アンテナショップ「道産食彩HUGマート」で、平成20年度より当別町産農産物や加工品を通年で出品しています。

札幌市アンテナショップ「HUGマート」出展事業

とうべつBrandeli’PR事業

農商工連携による町内の産業活性化を図るため設立された「当別町新産業活性化センター」が行う農産加工品の認証制度「とうべつBrandeli’」の認証品をPRしました。パンフレットを作成し販売店やイベントにて配布したほか、Brandeli’懸賞キャンペーンなどを実施し、認証品の周知・宣伝を行いました。
また、町外の「サッポロさとらんど」と「くるるの杜」での一部認証品の販売が始められるなど、認証品の販路拡大に向けた取り組みも進めています。

とうべつBrandeli’PR事業

北海道医療大学との連携によるブランド商品開発

北海道医療大学と連携して、当別町の地元農産物を活用したオリジナルブランドの加工品の開発に取り組んでいます。
今年度は、過去の取り組みから見えてきたブランド商品の課題点を整理するとともに、これまで検討してきた『ラスク、クッキー、焼きドーナツ』に、『プリン、肉まん、カレー』など、新しいブランド商品候補を加え、当別町の新鮮な農産物と北海道医療大学という名称から連想される健康のイメージを最大限活用した商品となるよう、さらなる検討を進めています。

北海道医療大学との連携によるブランド商品開発

寄附状況や活用状況

ふるさと当別町応援寄附金(ふるさと納税) 寄附の状況

寄附先・お問い合わせ先

寄付額などが自治体によって異なります。
当別町にふるさと納税を行う、またはお問い合わせされる方は、下記お問い合わせ先から詳細をご確認ください。

ふるさと納税 寄附先

この情報は2016年06月06日現在の情報です。
最新情報は該当の自治体にてご確認ください。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 当別町役場 企画部 ふるさと納税担当
電話番号 0133-23-3042
FAX 0133-23-3206
メールアドレス shinko@town.tobetsu.hokkaido.jp
所在地 〒061-0292 当別町白樺町58番地9

自治体について

役場 所在地

〒061-0292 当別町白樺町58番地9

公式サイト

更新日:2016年06月06日