地域から選ぶ「北海道」

中標津町

なかしべつちょう

寄附金の
使い道について

1.景観の保全・整備に関する事業 ~悠久に続く"GreenOdyssey "の実現へ~

中標津町は、四方を穏やかな緑の地平線に囲まれ、牧草地と格子状防風林のコントラストがどこまでも続く、大変美しい自然景観に恵まれています。
この牧歌的風景は全国的にも稀有な存在で、毎年夏の観光シーズンには各地からバイカーが訪れ、緑の中を疾走している光景が見られます。
この素晴らしい景観を後世まで引き継ぎ、悠久に緑の大地への"Odyssey(放浪)"が続けられるよう、景観保全や環境整備に関する事業への皆様からのお志をお待ちしております。

1.景観の保全・整備に関する事業 ~悠久に続く"GreenOdyssey "の実現へ~

2.教育の充実に関する事業 ~雄大な大地に根ざした"なかしべつ人"の創造へ~

中標津町は、根室管内では唯一人口が増加し続け、また空港があることから交流人口も多く、商業活動の中心も担っておりますが、今後は人口の流出を防ぎ、来る人口減少社会に備えなくてはなりません。
まちの将来を担うこどもたち・今のまちづくりの根幹を担っている現役世代・この地域に開拓の鍬を入れ幾多の困難を克服してきた世代の皆様が、健康で豊かな"なかしべつ人"としてこのまちに誇りを持ち愛着を感じてもらえるよう、教育(生涯学習・学校教育・スポーツ活動・まちの歴史や文化財の保護など)に関する事業への皆様からのお志をお待ちしております。

2.教育の充実に関する事業 ~雄大な大地に根ざした"なかしべつ人"の創造へ~

3.町長におまかせ!(用途指定なし)~"帰ろかな・行こっかな"のまちづくりの実現へ~

「環境の保全・整備」・「教育の充実」について用途メニューを設定しましたが、魅力あるまちづくりの実現のためには、これ以外にもたくさんの課題があります。
あなたのふるさと「中標津町」が"住みやすく・住み続けたいまち"になり、"行きたい・訪れたいまち"に繋げられるよう、まちづくりの最前線に立つ町長が課題の優先順位に基づいて用途を判断し、あなたのお志を有意義に活用させていただきます。

3.町長におまかせ!(用途指定なし)~"帰ろかな・行こっかな"のまちづくりの実現へ~

寄附状況や活用状況

ふるさと中標津町応援寄附金(ふるさと納税) 寄附の状況

寄附先・お問い合わせ先

寄付額などが自治体によって異なります。
中標津町にふるさと納税を行う、またはお問い合わせされる方は、下記お問い合わせ先から詳細をご確認ください。

ふるさと納税 寄附先

この情報は2015年10月27日現在の情報です。
最新情報は該当の自治体にてご確認ください。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 中標津町役場 総務部企画課企画調整係(ふるさと応援制度担当)
電話番号 0153-73-3111
FAX 0153-73-5333
メールアドレス kikaku@nakashibetsu.jp
所在地 〒086-1197 中標津町丸山2丁目22番地

自治体について

役場 所在地

〒086-1197 中標津町丸山2丁目22番地

公式サイト

更新日:2015年10月27日