わが街ふるさと納税
ふるさと納税とは?
地域から選ぶ
特典から選ぶ
使い道から選ぶ
ランキングから選ぶ
オススメの自治体から選ぶ

わが街ふるさと納税 > 千葉県 > 大多喜町 > 使い道

千葉県大多喜町 ふるさと納税使い道

ネット決済可能

皆様からいただいた寄附金は、「大多喜町ふるさと基金」に積み立て、次の事業に使用させていただきます。
寄附される際には、申込書に次の事業の内から寄附の使途をご指定ください。
なお、事業の指定がないものについては、まちづくりの課題に応じて、町長が事業の指定を行います。

観光・交流・定住促進高速バス運行事業

 本町は、千葉県のほぼ中央部に位置し首都圏中央連絡自動車道(圏央道)市原鶴舞ICから12㎞の距離にあります。
平成25年4月市原鶴舞ICの開通により、神奈川県や東京都からのアクセスが飛躍的に向上し、東京湾アクアラインを利用すると都心から約1時間で本町へのアクセスが可能となりました。
この交通網の整備により本町への観光客も増加し、また、本町へ居住し、高速バスを利用して都心へ通勤、通学することも可能となりました。
しかし、現在高速バスの運行本数は1日数本であり、観光、通勤、通学に利用するには十分といえる状況で無く、今後積極的に高速バスの整備を実施し、利用者の利便性の向上を図る必要があります。
町では、より多くの観光客の誘致や都心への通勤、通学を可能とし、定住化を促進するため、高速バスの整備に取り組んでまいります。

環境保全・文化財保護面白峡遊歩道整備事業

 町内の観光地の一つである養老渓谷は、緑に囲まれた大多喜町の中でも特に優れた自然景観を有する地域で、貴重な渓谷美を呈しています。とりわけ粟又の滝は県下最大の名瀑と知られ、養老川周辺の渓谷や養老渓谷温泉郷とともに通年型レクレーション地区として多くの方に利用されています。
この「粟又の滝」を起点とし、岩ツツジで有名な「水月寺」下流までを終点とした養老川沿い約2㎞にわたり粟又の滝遊歩道が設けられています。点在する大小の滝、垂直に迫る断崖、川面を覆うもみじといった景観の中、清流のせせらぎや小鳥のさえずりを聴きながら散策することが出来ます。
町では、この粟又の滝遊歩道の終点からさらに下流の観光拠点施設までの約2.5㎞にわたり面白峡遊歩道として延伸をする計画があります。供用中の粟又の滝遊歩道と合わせ総延長約4.5㎞に及ぶ養老川沿いの遊歩道を整備し、豊かな自然環境や川沿いに生息する多様な動植物と親しめる場を提供するため遊歩道整備に取り組んでまいります。

寄附状況や活用状況

状況はこちら(大多喜町公式サイト)

寄附先・お問い合わせ先

寄附方法などが自治体によって異なります。
大多喜町にふるさと納税を行う、またはお問い合わせされる方は、下記お問い合わせ先から詳細をご確認ください。

お問い合わせ先、
公式サイト
大多喜町役場 企画財政課 企画政策係

大多喜町ふるさと納税

この情報は2016年08月17日現在の情報です。
最新情報は該当の自治体にてご確認ください。
ネット決済可能
電話番号 0470-82-2112(内線221・222・223)
FAX 0470-82-4461
メールアドレス こちらをクリック
所在地 〒298-0292 千葉県夷隅郡大多喜町大多喜93

更新日:2016年08月17日