わが街ふるさと納税
ふるさと納税とは?
地域から選ぶ
特典から選ぶ
使い道から選ぶ
ランキングから選ぶ
オススメの自治体から選ぶ

わが街ふるさと納税 > 千葉県 > 御宿町 > 使い道

千葉県御宿町 ふるさと納税使い道

お寄せいただいた寄附金は、以下に掲げる3つの施策の財源として活用し、いきいきとした特色ある地域づくりに役立てます。

環境保全・文化財保護幻想の世界「月の沙漠の旅」づくり事業

御宿町は、童謡「月の沙漠」の発祥地としても知られ、広い砂浜に建てられたラクダ像は、一日を通じて様々な表情をもち、これまでも多くの人々を夢の世界へと導いてきました。人々の様々な想いがぎっしりと詰まった月の沙漠は、豊かな自然環境と共生しながら、変わらない姿で後世に引き継ぐことが求められます。
豊かな緑に囲まれた碧い海と真っ白な砂浜は、当町の貴重な財産であり、こうした自然環境と文化的財産のコラボレーションによって、夢の旅を創造できるような、環境の保全、街並みの整備を進めて行くことが重要です。
裸足で歩ける砂浜やいろいろな生物が生息できる里山の保全、また観光施設の維持管理や花の植栽などの環境・景観施策を継続的に取り組み、多くの方々の理解と協力を得ながら、ともに夢のある『月の沙漠の旅』を続けていくものです。

環境保全・文化財保護世界に発信「人類愛の輪」事業~サン・フランシスコ号遭難救出の史実~

網代湾を一望できる丘の上に建つ日西墨三国交通発祥記念之碑(メキシコ記念塔)は、今から400年ほど前の1609年に、メキシコ船サン・フランシスコ号が田尻沖(御宿町岩和田地先)で座礁し、当時の岩和田村民が総出で救出にあたり無事に帰還させたという史実があり、この史実が日本・スペイン・メキシコの交通発祥のきっかけとなって、記念に建てられたものです。
こうした人類愛溢れる先人たちの偉業は、御宿町民の誇りであり、メキシコ・アカプルコ市と姉妹都市提携したうえで、現在でもホームステイの受け入れ等の交流をしているところです。
町では、このすばらしい歴史的・文化的財産を後世に語り継ぐことはもちろん、広く伝承しながら、交流の輪を広げ、人類愛の美談を伝承していけるような仕掛けづくりに取り組みます。

教育・人づくり夢を育む人にやさしいまちづくり事業

将来を担う子どもたちのための教育環境の充実をはじめ、少子高齢化の進展に伴う生涯学習環境の整備や地域ぐるみでの子育て支援など、教育と福祉が一体となった取り組みが強く求められています。
町では、小・中学校校舎の整備をはじめ、放課後児童クラブの充実や各種の高齢者生きがいづくり支援施策など、幅広く事業を実施してきたところですが、よりきめの細かい教育・福祉の充実を図ります。

寄附先・お問い合わせ先

寄附方法などが自治体によって異なります。
御宿町にふるさと納税を行う、またはお問い合わせされる方は、下記お問い合わせ先から詳細をご確認ください。

お問い合わせ先、
公式サイト
御宿町役場 企画財政課

御宿町ふるさと納税

この情報は2013年12月05日現在の情報です。
最新情報は該当の自治体にてご確認ください。
 
電話番号 0470-68-2512
FAX 0470-68-3293
メールアドレス こちらをクリック
所在地 〒299-5192 千葉県夷隅郡御宿町須賀1522 

更新日:2013年12月05日