わが街ふるさと納税
ふるさと納税とは?
地域から選ぶ
特典から選ぶ
使い道から選ぶ
ランキングから選ぶ
オススメの自治体から選ぶ

わが街ふるさと納税 > 新潟県 > 関川村 > 使い道

新潟県関川村 ふるさと納税使い道

6つのメニューを用意しました。
寄付する方は、寄付金の使い道をお選びください。
使い道の選択を村長に任せることもできます。

観光・交流・定住促進人口減少抑制政策に関する事業

村の人口は平成22年10月現在、6,438人で15歳以下の人口比は10.8%です。
また65歳以上の人口比は35.9%で高齢化が進んでいます。
村では少子化対策のために、子どもの医療費助成や保育料の減免に取り組みます。
このほか、定住促進を図るために公営住宅整備や宅地分譲、若者向けの住宅整備を推進します。

環境保全・文化財保護環境保全に関する事業

村の面積の88%は山林で、そのうち国有林と民有林の割合は75対25となっています。
民有林は林業の衰退で山林の手入れが行き届かなくなっています。
このため、村では自然環境を守るために森林保全対策として、除間伐の促進やワークロードの整備を行ないます。
このほか、耕作されなくなった農地等の荒廃防止対策として、転作促進事業や猿害対策事業を推進します。

教育・人づくり教育振興に関する事業

村の子どもの数は減少しています。
学校統合が進み、小学校中学校ともに1校となり、平成25年度は小学校271人、中学校145人の児童生徒がそれぞれ通っています。
村では子供たちが安心して勉強できるために教育振興に関する事業に取り組みます。
学校図書や村民会館の図書を購入し教育環境の整備に務めます。
また、通学路の安全を確保するために子ども見守り運動や巡回パトロールを行ないます。

スポーツ・文化振興文化・スポーツ振興に関する事業

村には9つのコミュニティ組織があります。
各コミュニティでは独自の文化事業、敬老会体育協会などの事業を活動実施しています。
コミュニティ組織と協力して文化・スポーツの振興に努めます。
また、文化財保護対策として各地区の指定文化財の保全事業、文化保全対策として歴史の道の保全に努めます。

観光・交流・定住促進都市との交流促進に関する事業

村では昭和58年から「いで湯の関川ふるさと会」を発足させ、全国の皆さんと心のふる里・第2の故郷としてお付き合いさせていただいています。
この事業を都市との交流促進に発展させて子ども達や大人の交流対策事業や、物産・物品等の特産品の販売の促進に努めます。

健康・医療・福祉福祉・医療に関する事業

村民の高齢化が進み、高齢者夫婦世帯や一人暮らしの老人世帯が多くなっています。
高齢者や生活弱者が少しでも安心して暮らせるように福祉・医療に関する事業の充実に努めます。
村にある診療所の設備を充実し、既存の福祉事業を拡充し高齢者が住みなれた家で暮らせるように在宅福祉サービスを継続して提供します。

寄附状況や活用状況

関川村ふるさと応援基金事業報告書

状況はこちら(関川村公式サイト)

寄附先・お問い合わせ先

寄附方法などが自治体によって異なります。
関川村にふるさと納税を行う、またはお問い合わせされる方は、下記お問い合わせ先から詳細をご確認ください。

お問い合わせ先、
公式サイト
関川村役場 総務課 企画財政班

関川村ふるさと納税

この情報は2013年11月13日現在の情報です。
最新情報は該当の自治体にてご確認ください。
 
電話番号 0254-64-1476
FAX 0254-64-0079
メールアドレス こちらをクリック
所在地 〒959-3292 新潟県岩船郡関川村大字下関912番地

更新日:2013年11月13日