わが街ふるさと納税
ふるさと納税とは?
地域から選ぶ
特典から選ぶ
使い道から選ぶ
ランキングから選ぶ
オススメの自治体から選ぶ

わが街ふるさと納税 > 兵庫県 > 市川町 > 使い道

兵庫県市川町 ふるさと納税使い道

ネット決済可能

いただきました寄附金は、市川町の活性化に向けた取組みに活用させてい
ただきます。具体的な取組みとして、以下の4つの事業があります。これら
の事業の中から、寄附していただく方ご自身に「ふるさと納税」の使いみち
をお選びいただきます。ふるさと市川を元気にするため、皆さまの応援をよ
ろしくお願いいたします。

観光・交流・定住促進住みよい安全安心な活気あるまちづくりに関する事業

だれもが住み続けたい、住みたくなるようなまちづくりに向けて、市川町は以下に掲げる6つの項目に取り組んでいきます。
・人権尊重と共生のまちづくり
・安全・安心のまちづくり
・循環型社会を実現するまちづくり
・快適で住みよいまちづくり
・健康で人にやさしいまちづくり
・生涯学習が充実したまちづくり

スポーツ・文化振興地域の伝統文化を継承し、後世に伝える事業

市川町には、笠形神社をはじめ倉谷古墳、谷城跡、甘地の獅子舞など、歴史遺産や伝統芸能が数多く残されています。発掘調査や民具収集事業などにより収集した文化財や復元整備された倉谷古墳は、小・中学校で実施される総合的な学習の時間等で活用されています。
また、400年の歴史をもつ甘地の獅子舞は、県指定の重要無形民俗文化財となっています。
これらの歴史遺産や伝統文化を守り、後世に伝えていきます。

観光・交流・定住促進国際理解教育の充実及び国際交流に関する事業

市川町では、平成9年から交流を進めてきたアメリカ合衆国ワシントン州ポートタウンゼント市と平成14 年10 月に姉妹提携を結び、教育交流として中高生の相互派遣や住民による親善訪問を実施しています。平成9年に発足し、会員数も150 人を超えた市川町国際交流協会では、語学講座や会報「国際交流I」の発行などを行い、国際理解の推進に取り組んでいます。
平成24年10月に姉妹提携10周年を迎え、それを記念して親善訪問団がポートタウンゼント市を訪問し、よりいっそう交流を深めることができました。
また、小・中学校にALT(外国語指導助手)を招き、国際社会に対応できる人材の育成に力を注いでいます。現在、町立甘地小学校ではイギリスのチョップウェルプライマリースクールと、瀬加小学校ではポートタウンゼント市のマウントビュー小学校と、それぞれ学校間交流を深めています。平成23年度からは町内の小学校の授業に英語を取り入れ、国際理解 ポートタウンゼント市訪問教育の充実を図っています。

その他脚本家橋本忍を顕彰し、功績を広く伝える事業

橋本忍氏は、1918(大正7)年、兵庫県神崎郡鶴居村鶴居(現在の市川町鶴居)に生まれ、昭和13年に徴兵されたものの軍隊生活中に結核にかかり、闘病生活を余儀なくされる中で、シナリオに興味をもち映画監督伊丹万作に師事しました。1950(昭和25)年、黒澤明監督の『羅生門』で脚本家としてデビュー。同作品がヴェネチア国際映画祭で日本映画としてはじめてのグランプリを獲得しました。以後、『生きる』『七人の侍』などで黒澤明監督とともにシナリオの共同執筆に携わり、脚本家としての地位を確立。『砂の器』に代表される松本清張作品や、『私は貝になりたい』『白い巨塔』『日本のいちばん長い日』『日本沈没』など映画史上に残る名作・話題作を手がけてきました。
橋本氏の生誕地である市川町では、町文化センターに「橋本忍記念館」を設け、代表作のシナリオや自筆原稿など寄託された多数の品々を展示し、功績を伝えています。

寄附先・お問い合わせ先

寄附方法などが自治体によって異なります。
市川町にふるさと納税を行う、またはお問い合わせされる方は、下記お問い合わせ先から詳細をご確認ください。

お問い合わせ先、
公式サイト
市川町役場 総務課 企画調整係

市川町ふるさと納税

この情報は2015年03月09日現在の情報です。
最新情報は該当の自治体にてご確認ください。
ネット決済可能
電話番号 0790-26-1010
FAX 0790-26-1049
メールアドレス こちらをクリック
所在地 〒679-2392 兵庫県神崎郡市川町西川辺165-3

更新日:2015年03月09日