ネット
決済可能

地域から選ぶ「和歌山県」

和歌山県

わかやまけん

寄附金の
使い道について

和歌山県では、お寄せいただいた寄附金を『ふるさと和歌山応援寄附金』として、次の取り組みに活用させていただきます。

1.世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全や活用をすすめます

和歌山の世界遺産をかけがえのないふるさとの宝として、人類共通の宝として保全・活用し、継承していきます。
・熊野本宮大社などの保存修理をすすめます。
・世界遺産
・周辺地域の風水害等による災害復旧及び維持管理に対し必要な緊急保全を行います。

1.世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全や活用をすすめます

2.「紀の国わかやま国体」の開催に向けての準備をすすめます

「躍動と歓喜、そして絆」をスローガンに、平成27年に第70回国民体育大会が和歌山県で開催されます。「紀の国わかやま」を全国に発信するとともに、参加するすべての人が躍動、歓喜し、そして交流が生まれ、絆が深まるような大会を目指して開催準備をすすめます。
・国体開催のための施設整備をすすめます。

2.「紀の国わかやま国体」の開催に向けての準備をすすめます

3.わかやまの美しい海づくりをすすめます

万葉集に「若の浦に 潮満ち来れば 潟(かた)を無(な)み 葦辺をさして 鶴(たづ)鳴き渡る」と歌われた景勝地「片男波」。和歌山市近郊の磯ノ浦、片男波、浜の宮などを整備し、和歌山の海をより美しくして海のレクリエーションを盛んにします。
・磯ノ浦、片男波、浜の宮の海水浴場の整地やトイレの整備をすすめます。
・プレジャーボートの係留地の整備をすすめます。

3.わかやまの美しい海づくりをすすめます

4.わかやまの文化財の保護をすすめます

和歌山県には重要な歴史資産がたくさんあり、全国で国宝は6番目、重要文化財は7番目に多いところです。ふるさとの大切な文化財を保全して未来に伝え、郷土の活性化に寄与します。
・岩出市の国宝根来寺の防災施設の整備を進めます。
・高野町の重要文化財金剛三昧院や金地著色梅花雉子図の保存修理をすすめます。
・海南市の国宝長保寺大門・多宝塔の保存修理をすすめます。

4.わかやまの文化財の保護をすすめます

5.学校図書館や県立図書館の蔵書の充実をすすめます

学校図書館や県立図書館の蔵書を整備し、和歌山の未来をになう子どもを育成するとともに、県民の読書文化の向上に努めます。
・県立学校の図書館の蔵書の充実をすすめます。
・県立図書館の蔵書を充実して県民や市町村への貸出しをすすめます。

5.学校図書館や県立図書館の蔵書の充実をすすめます

6.大切なふるさとの森を守り育てます

和歌山は古くから「木の国」と呼ばれ、県土の77%が森林です。森林は洪水や渇水の緩和、水質浄化、生物多様性の保全、地球温暖化防止と限りない恵みを与えてくれる県民のかけがえのない財産です。大切なふるさとの森林を守り育て、次の世代に引き継いでいきます。
・貴重な自然生態系を持つ森林や世界遺産周辺の森林の公有林化をすすめます。

6.大切なふるさとの森を守り育てます

寄附状況や活用状況

ふるさと和歌山県応援寄附金(ふるさと納税) 寄附の状況

寄附先・お問い合わせ先

寄付額などが自治体によって異なります。
和歌山県にふるさと納税を行う、またはお問い合わせされる方は、下記お問い合わせ先から詳細をご確認ください。

ふるさと納税 寄附先

この情報は2013年11月14日現在の情報です。
最新情報は該当の自治体にてご確認ください。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 和歌山県庁 総務部総務管理局税務課
電話番号 073-441-2186
FAX 073-423-1192
メールアドレス furusato-ouen@pref.wakayama.lg.jp
所在地 〒640-8585 和歌山県和歌山市小松原通1-1

自治体について

庁 所在地

〒640-8585 和歌山県和歌山市小松原通1-1

公式サイト

更新日:2013年11月14日