ネット
決済可能

地域から選ぶ「熊本県」

天草市

あまくさし

寄附金の
使い道について

次の5つの事業メニューの中から指定することができます。

1.天草の宝『地域コミュニティづくり』

●まちづくり協議会への支援・補助
(旧市町単位の10協議会)

●地区振興会への支援・補助
(小学校区単位の51振興会)
天草市は、平成18年3月に2市8町が合併して誕生しました。合併後も住民自治組織として、旧市町を単位とした10の「まちづくり協議会」と、小学校区などを単位とした51の「地区振興会」を設置し、それぞれの地域が特徴を生かした住民主体によるまちづくりを進めています。

※指定できる「まちづくり協議会」または「地区振興会」は、右表をご覧ください。

1.天草の宝『地域コミュニティづくり』

2.世界遺産のまちづくり

●世界遺産関係の環境整備など
 「天草の﨑津集落」は、古くから海を媒介にした漁業や交易により栄えた地域です。まちなかには﨑津カトリック教会をシンボルとして、その周りにカケやトウヤなど﨑津特有の漁村景観が形成されています。﨑津地区は戦国時代にはキリスト教の布教拠点として、江戸時代の禁教期にはキリシタンの弾圧中でも密かに信仰を継続した潜伏キリシタンの集落となり、信仰の場所などが今も残っています。この地区を長崎県の関係自治体と一緒に世界遺産登録を目指しています。

2.世界遺産のまちづくり

3.イルカの島づくり

●イルカに関連する観光振興など
 天草市五和町の通詞島の周辺は、野生のミナミハンドウイルカが群れをなし回遊している珍しい海域です。一年を通して愛嬌たっぷりのイルカたちに出会うことができます。

 市では、イルカウォッチングの拠点となる施設を整備し、観光客の利便性の向上と、いつまでも野生のイルカと共生できる島づくりを進めています。

3.イルカの島づくり

4.がまだせ天草エアライン

●天草エアラインの利用促進・運行支援など
 天草の空には、親子のイルカが描かれたかわらしい小型飛行機(48人乗り)が飛び、天草と福岡(1日3往復)・熊本(同1往復)、熊本と大阪(同1往復)の3路線を結んでいます。
 また、天草エアラインは、2016年2月20日より日本初導入のATR 42型機「新みぞか号」での運航を開始しています。
 市では、天草唯一の高速交通機関として、これからも安定した運航ができるように支援を行います。

4.がまだせ天草エアライン

5.市長おまかせ

●特に事業の指定がない場合、天草市の活性化に繋がる事業に活用します。

5.市長おまかせ

寄附状況や活用状況

ふるさと天草市応援寄附金(ふるさと納税) 寄附の状況

寄附先・お問い合わせ先

寄付額などが自治体によって異なります。
天草市にふるさと納税を行う、またはお問い合わせされる方は、下記お問い合わせ先から詳細をご確認ください。

ふるさと納税 寄附先

この情報は2018年06月19日現在の情報です。
最新情報は該当の自治体にてご確認ください。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 天草市役所 本庁・財政課(三貴ビル内)
電話番号 0969-27-5053
FAX 0969-27-5033
メールアドレス furusato@city.amakusa.lg.jp
所在地 〒863-8631 天草市東浜町8番1号

自治体について

役所 所在地

〒863-8631 天草市東浜町8番1号

公式サイト

更新日:2018年06月19日