「太陽の塔内部再生」事業について

  1. トップページ
  2. > 「太陽の塔内部再生」事業について

日本中が熱狂した大阪万博のシンボル「太陽の塔」。

「太陽の塔」は芸術家 岡本太郎がデザインし、
1970年アジア初の万国博覧会である歴史的なイベント、
「日本万国博覧会(大阪万博)」のテーマ館の一部として建てられました。
金色に輝き未来を象徴する頂部の「黄金の顔」、
現在を象徴する正面の「太陽の顔」、過去を象徴する背面の「黒い太陽」、
そして、人間の精神世界を象徴する「地底の太陽」という4つの顔を持っています。
大阪万博当時、テーマ館の大屋根を突き破った高さ70mの巨大な「太陽の塔」は、
万博が閉会してテーマ館が撤去された後も変わらず、
大阪のシンボルとして親しまれています。

1970年 大阪万博のドキドキが蘇る。

太陽の塔は外観だけでも圧倒的なインパクトがありますが、
博覧会時に公開されていた塔内にはドキドキする驚きがたくさんありました。
岡本太郎が音響や、動線にまでこだわりぬいた太陽の塔の内部は、
全体がひとつのミュージアム。
「太陽の塔 内部再生」事業では塔の耐震工事の実施とあわせて、
内部も万博当時に展示されていた「生命の樹の生物群」や「地底の太陽」とともに復元し、平成30年3月末日に一般公開する予定です。

「太陽の塔 内部再生」事業では皆さまからの寄附金を募集しています。

「ふるさと納税」の募集について、詳しくはこちら

ページの先頭へ