フリーコール0800-111-2637 受付時間:10:00~17:00
お問い合わせ
愛知県東浦町 東浦町ふるさと寄附金 東浦町 於大のふるさと 文化財等保存活用事業 文化財修復のためのご寄附をお願いいたします。
寄附のお申し込みは こちらから

平成28年3月4日の火災について

平成28年3月4日午後2時50分ごろ、乾坤院(けんこんいん)の本堂から出火、約4時間後に消し止められましたが、本堂や座禅堂のほか、町指定文化財である堅雄堂(けんゆうどう)が全焼、山門の一部も焼けました。

火災時の乾坤院

  • 火災時の乾坤院
  • 火災時の乾坤院
  • 火災時の乾坤院

火災後の乾坤院

  • 火災後の乾坤院
  • 火災後の乾坤院
  • 火災後の乾坤院

※現在の山門は、仮修復が行われております。(上部茶色い銅版部分)

乾坤院の歴史、町とのつながりなど

乾坤院は文明7年(1475)、初代緒川城主水野貞守が一族の菩提寺として創建しました。境内には徳川家康の祖父、水野忠政の墓があります。
家康の生母、於大(おだい)の方は水野氏の娘として緒川城で生まれており、町では於大の方にちなんだ「於大まつり」を毎年4月に開催しています。

愛知県東浦町ふるさと寄附金

乾坤院の歴史、町とのつながりなど

町では、町指定文化財が損傷した場合、その修復費用の一部を補助し文化財の活用や保護を行っています。
山門の修復については、文化財所有者が実施するため修復計画が未確定ではありますが700万円程の費用が見込まれています。
そのほか、焼失した堅雄堂及び座像の複製作製等を予定しており、1,000万円前後の費用を見込んでいます。

今後の計画

  • 平成29年度

    堅雄堂の瓦の復元

    水野忠政・忠善座像の保存処理

    堅雄堂の模型作製

  • 平成30年度

    水野忠政・忠善座像の複製作製

  • 時期未定

    山門の修復費用補助

愛知県東浦町ふるさと寄附金

寄附のお願い

火災で被害を受けた町指定文化財の保護のための寄附を募っています。

いただいたご寄附は、町指定文化財である山門の修復費用の補助、また、焼失した堅雄堂及び座像の複製作製等に使わせていただきます。

町民のみなさま、歴史にご興味のあるみなさま、町内・町外在住を問わず、広くご寄附を受け付けています。

寄附をいただいた方

「於大のふるさと 文化財等保存活用事業」にご寄附をいただいた方をご公表させていただきます。

  • 東浦町 深谷 邦生様/
  • 東浦町 石原 弘幸様/
  • 東浦町 石原 ひろ子様/
  • 東浦町 鈴木 勝美様/
  • 阿久比町 内藤 綱紀様/
  • 東浦町 牧野 清光様

※公表の許可をいただいた方のみ、掲載しています(平成29年4月25日現在)。

申込時の注意事項

「於大のふるさと 文化財等保存活用事業」にご寄附いただく場合は以下にご注意ください。

「寄附のお申し込みはこちらから」をクリックしていただくと、申し込みフォームにて寄附のお申し込みをしていただけます。

寄附のお申し込みは こちらから
ページトップ