わが街イイトコ!!

東浦町特集

[愛知県]

東浦町は、愛知県の知多半島北東部に位置し、衣浦湾の最奥にあります。東に尾張と三河をわける境川や衣浦湾をはさんで刈谷市、高浜市を対岸にのぞみ、南に半田市、西に東海市、知多市、阿久比町、北は大府市に接しています。町は東部の低地と中央部、西部の丘陵地からなっていて、東部にはJR武豊線と国道366号、西部には名鉄河和線が通っています。
明治39年に森岡村、緒川村、石浜村、生路村、藤江村が合併して東浦村となり、昭和23年6月1日に町制を施行しました。

東浦町のいいトコ!!

わが街いいトコ!!東浦町で憩い・楽しむ

於大公園

於大公園は乾坤院(けんこんいん)東隣の自然地形を生かして作られた都市公園です。面積12.1ヘクタール、外周散策コース約1.4キロメートル、四季折々の緑や花が溢れ、野鳥や昆虫も多く集まる自然豊かな環境が特徴です。
「於大の方(おだいのかた)」の夜着の柄である菊の花びらをモチーフに建築されたこのはな館公園事務所が公園の中央にあり、公園の自然や植物、生き物をテーマに緑の講習会や緑の展示会を開催しています。

自然環境学習の森

恵まれた自然環境を有する緒川の新池周辺は、愛知県の治山事業により整備されました。
里地里山の自然の中で散策を楽しみながら四季を感じたり、竹林や森の中で生き物や植物などを観察してみませんか。

三丁公園

安全で緑豊かな誰もが憩える「やすらぎ拠点」、年齢や体力の違いにかかわらず、誰もが健康づくりやレクリエーションを楽しめる「健康づくり拠点」、災害時の安全性と機能性を十分に備えた「地区の避難拠点」 として整備されています。

わが街いいトコ!!東浦町の名所・文化

宇宙山乾坤院

室町時代中期の文明7年(1475)に水野貞守が一族の菩提寺として創建しました。
境内には緒川城四代城主水野忠政と忠政の息子忠守、その子忠元、その子で岡崎城主忠善の水野家四代の墓所があります。

うのはな館(東浦町郷土資料館)

郷土の歴史や文化財を紹介する施設として、また、埋蔵文化財や歴史資料の調査・研究の拠点としてオープンしました。
町内に所在する貝塚や古窯などからの出土遺物、古文書、民具等の資料を収集、保管し、それらを展示、公開するとともに、生涯学習の支援のため、歴史講座・陶芸教室などを開催しています。

入海貝塚

緒川の入海神社境内に所在する縄文早期の貝塚。
尖底土器や矢尻、シカやイノシシの骨などが出土し、縄文時代の狩猟生活が偲ばれます。

わが街いいトコ!!東浦町の特産・名物

東浦ぶどう

昭和35年ごろから、豊かな丘陵地を利用してぶどうの栽培が始まりました。
当初は巨峰が主でしたが、現在では20種類を超えるぶどうが生産・販売されています。
色々な種類を食べ比べて、お気に入りのぶどうを見つけてください。

以里美貝もなか、おもだか、東浦まんじゅう

「以里美貝もなか」は入海貝塚が文化財に指定されたため、太古を偲んでお茶の友として謹製しました。「おもだか」はめずらしい干菓子の一種で、抹茶・しそ・和三盆の3種類があります。「東浦まんじゅう」は北海道十勝産の小豆をあっさりとした粒あんに仕上げ特産巨峰ワインに漬込んだ干しぶどうと粒あんを薄皮で包み、蒸し揚げた饅頭です。

トマト大福

ミニトマトが丸ごと入った大福です。
天然岩塩で効かした塩味がトマトの旨みを引き立ています。大福の原料も国産で厳選したものを使った本格派です。

東浦町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

東浦町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版