わが街イイトコ!!

富津市特集

[千葉県]

富津市は、房総半島の中西部東京湾側に位置し、南北40キロメートルにおよぶ海岸線と、緑豊かな鹿野山や、切り立った崖の鋸山など、海や山に囲まれた自然豊かなところです。
東京湾に突き出した富津岬は、関東の天の橋立といわれ南房総国定公園にもなっています。
東京湾アクアラインや館山自動車道の開通で、首都圏から近くなり、潮干狩りや海水浴、ハイキングなどで多くの皆さんに楽しんでいただいています。

富津市のいいトコ!!

富津市で憩い・楽しむ

潮干狩り

県立富津公園に隣接した遠浅の海岸で、3月から9月まで潮干狩りを楽しむことができます。

鋸山

南房総国定公園に指定されている、標高329メートルの低名山です。江戸時代から昭和50年代まで、房州石(ぼうしゅういし)を切り出しており、山肌や稜線がギザギザのノコギリのように見えることから「鋸山」と呼ばれています。ハイキングルートとして季節を問わず、人気の場所となっています。

マザー牧場

鹿野山に広がる250ヘクタールの観光牧場。豊かな緑、四季折々の花々、動物とのふれあい、ジンギスカンやフルーツ狩りなどが楽しめます。

所在地 富津市田倉940-3
電話番号 0439-37-3211

富津市の名所・文化

内裏塚古墳

南関東最大の規模を誇る前方後円墳。墳丘全長は144メートルで、5世紀中頃の築造とされています。明治39(1906)年の発掘の際、人骨、銅鏡、刀剣類などが出土しました。
(2002年国指定史跡)

岩谷堂やぐら群

古墳時代の横穴墓を再利用して造られたやぐら群です。壁面には、中世から江戸時代までに掘られたと思われる、多数の磨崖仏や五輪塔があります。

関の姥石

姥石は、巨人の姥が頭に載せてきたと言い伝えられている大きな石です。
巨石信仰・巨人伝説・民間信仰などを包蔵しながら、地元では大切にされています。

富津市の特産・名物

はかりめ(あなご)

富津市名産の穴子は細長く、横に点々とある模様が市場や河岸で使用していた「棒はかり」と似ていたため、はかりめと呼ぶようになりました。

醤油

温暖な気候と良質な水に恵まれ、人工的な温度管理をしない天然醸造方式の醤油を製造しています。

のこぎり山バウムクーヘン

ドイツの伝統的な製法で職人が手作りで焼き上げます。
濃厚な卵の風味とみっちりとした食感が特徴。

富津市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

富津市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版