わが街イイトコ!!

鴨川市特集

[千葉県]

鴨川市は、千葉県の房総半島南東部、太平洋側に面し、北部から東部に連なる清澄山系と、市の中央部を横断する嶺岡山系との間に、米どころとして知られる長狭平野が開け、その平野が太平洋に面した地域に市街地が形成されています。温暖な気候と豊かな自然環境、新鮮で豊富な食材に代表される貴重な自然資源はもとより、全国レベルの集客力を持つ観光・宿泊施設、充実した医療・福祉・スポーツ環境や特色ある保育・教育環境など、まちづくりの基盤となる地域資源を多数有しています。

鴨川市のいいトコ!!

鴨川市で憩い・楽しむ

鴨川シーワールドで海の生物とふれあおう!

鑑賞することが好きなあなたは、鴨川シーワールドをオススメします。展示してある海や川の生物は、なんと800種以上。北極や南極など世界の自然環境を再現しています。また、イルカやシャチのショーは圧巻です。

サーフィンに挑戦してみよう!

身体を動かすことが得意なあなたには、サーフィンがオススメ。パワフルで質の良い波が多い鴨川の海には、プロサーファーも多く訪れます。市内のサーフショップでは体験プログラムを行っている店もあるので、初心者でも安心して始められます。

奇勝 大弁天・小弁天

日蓮聖人生誕にまつわる「三奇瑞」の中に家の庭先から突然、清水が沸き、庭前の海上には蓮華の花が咲きほこり、さらに海中に大鯛・小鯛が無数に群れ集まったとあり、この不思議な話を裏付けるかのように鯛の浦に浮かぶ小島「大弁天・小弁天」一帯の入江を別名「蓮華ヶ渕」と呼び、この海岸の砂はとりわけ輝きが美しく俗に「五色砂」と言われています。

四方木 不動滝

清澄を越えて県道から山道に入り、奥深い竹と杉の林の中にあり、まさに秘境といった景色です。その中にある不動滝は高さ10メートル、幅8メートルで、水量の多いときには二つに分かれ右が雄滝、左が雌滝と呼ばれています。上流は深い渓谷となり、初夏の新緑と初冬の紅葉の頃は、美しい瀑布と共に情緒あふれる景色が楽しめます。

白岩の紅葉

小櫃川の切り立った白い岩肌に、緑色の常緑樹とウルシやハンノキなどの赤や黄色の紅葉が調和し、見事なコントラストを作り出しています。見ごろは11月下旬から12月上旬。

鴨川市の名所・文化

誕生寺
日蓮聖人の生誕地

鴨川は日蓮宗の開祖、日蓮聖人の生誕地です。誕生寺は、聖人の生誕を記念して建治2年(1276)に建立された古刹です。2度の津波で水没したため現在の場所に移して再興されたと伝えられています。日蓮聖人像を安置する祖師堂や聖人の御幼像、聖人ゆかりの誕生水井戸をみることができます。祖師堂は市有形文化財に指定。

鏡忍寺
日蓮聖人の小松原法難の地

日蓮聖人の小松原の法難の地に創建された名刹。日蓮聖人の一行が東条景信の一団に襲われた際に、鬼子母神が現れ、危うく難を逃れたと伝えられるマキは、市の天然記念物に指定されています。

清澄寺
日蓮聖人が仏門にはいった寺

清澄寺は、日蓮聖人が12歳で仏門にはいったお寺です。16歳ごろに出家得度し、32歳で立教開宗した場所とされています。修行中の聖人が願をかけた虚空蔵菩薩が今も安置されています。この寺からの眺めはすばらしく、歌川広重が浮世絵の題材に描いたほどです。

仁右衛門島
頼朝にまつわる伝説が残る島

治承4年(1180)、石橋山の合戦に敗れ源頼朝が安房へ逃れてきた時に、平家方の武士たちに夜襲を受けて身を潜めたと伝えられる洞窟があり、かくまったお礼にこの島を与えられたという伝説があります。

鴨川市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

鴨川市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版