わが街イイトコ!!

あわら市特集

[福井県]

若い世代が住み、生み、育てたくなるまちへ

あわら市では、「健康(Health)」「教育(Education)」「環境(Environment)」「コミュニティ(Community)」「経済産業(Economy)」をキーワードに、平成22年度からHEECE構想事業に取り組んでいます。平成29年度からはこれをワンランク進化させ「HEECE構想プラス」として取り組みます。プラスする分野は「魅力創造」で、これまでの5つの要素に市の魅力を加えることにより、市のイメージと知名度アップを図りながら、重要政策である「若い世代が住み、生み、育てたくなるまち」の実現を強力に推進していきます。

あわら市のいいトコ!!

あわら市で憩い・楽しむ

あわら温泉屋台村 湯けむり横丁

人とのふれあいと地産地消をテーマに、10店舗の屋台が軒を連ねています。地元の人と旅人の交流の場でもある屋台村で、気持ちのよい夜風を感じながらおいしい逸品を楽しんでみませんか?コの字型のカウンターで人情味あふれる店主と語らうのもいいもんですよ。

セントピアあわら

あわら温泉を気軽に楽しむなら、温泉文化施設「セントピアあわら」へどうぞ。古代中国の世界観「天円地方」にちなみ、「天の湯」「地の湯」の独創的な二つのお湯をご用意しています。天の湯・地の湯は男女一週間交代制となっていますので、時期を合わせてお好みの湯をお楽しみください。

あわら温泉春まつり

祭りは、芸妓による踊りの奉納から始まり、高さ5.8mの武者人形を載せた「本山」、桜を飾り付けした「花山」、大太鼓を打ち鳴らす「太鼓山」の三つの山車が夜10時まで温泉街を練り歩きます。特に「本山」「花山」には芸妓が乗り込み、華やかなお囃子を奏で、沿道に立ち並ぶ露店とともに見物客を楽しませます。

あわら市の名所・文化

吉崎御坊跡

吉崎御坊跡は「御山」と称される広大な丘陵上にあり、参道階段を上った所になります。御山の頂上は33.3メートルで広さ約2万平米、1471年、蓮如上人はここに御坊を建て、滞在すること4年2か月、本願寺教団を再興した所です。御山は三方が絶壁で、西側は北潟湖畔にそそり立ち、良い景色が臨めます。

あわら市郷土歴史資料館

金津祭の主役「本陣飾り物」や、伝統工芸の瓦、市内の遺跡で出土した石器などあわらの歴史を物語る秘蔵品の数々が展示されています。広々とした図書館や会議室、学習室等を備え、市民の生涯学習の拠点として広く活用されています。

越前加賀県境の館

石川県加賀市とあわら市の県境をまたいで建っている館には、かつて蓮如上人が北陸布教の足がかりとした吉崎の歴史や宗教文化、生活文化を紹介する資料を展示しています。あわら・加賀エリアの観光情報コーナーもあるので、福井県、石川県両県のお出かけ情報をチェックできます。

あわら市の特産・名物

さつまいも

鮮やかな紅色でまるまると太った「富津」のさつまいもは、濃厚な天然の甘さとそれでいてさらっとした食感が特徴です。さつまいもは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などさまざまな栄養素を含んだ、高機能・高カロリーで美容にも効果的な食べ物です。

メロン

あわら市は、福井県内一のメロンの産地です。5月下旬のプリンスメロンに始まり、アンデスメロン、アールスメロンなど色々のメロンが収穫されます。また、最近では新種の赤肉メロン「花咲紅姫」(はなさきべにひめ)(マルセイユ)も登場し、好評を博しています。

越前柿

越前柿は、刀根早生(とねわせ)や平核無(ひらたねなし)などの渋柿を炭酸ガスで渋抜きした「合わせ柿」です。種が無く四角い形でさっぱりとした甘さとコリコリとした食感が特徴です。

あわら市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

あわら市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版