わが街イイトコ!!

高浜町特集

[福井県]

高浜町は福井県の最西端に位置し、南東はおおい町、西は京都府と境しており、南西の飯盛山脈を背にして北は日本海若狭湾国定公園に面しています。リアス式海岸の特徴を示す内浦地区には原子力発電所があり、一方、和田地区から高浜地区を経て青郷地区に至る8キロメートルの海岸線は白い砂浜と松林など変化に富んでおり、夏は関西・中京方面からの海水浴客でにぎわいます。平成28年4月には、アジア初のビーチの国際環境認証「ブルーフラッグ」を取得しました。町の西部にある青葉山は標高693メートルで、その雄姿から若狭富士とも呼ばれています。町の70%は山林で、日本海に注ぐ河川の流域に耕地約520ヘクタールが帯状をなしています。気候は比較的温暖ですが、冬は山間部を中心に降雪が多くなります。

高浜町のいいトコ!!

高浜町で憩い・楽しむ

青葉山

別名「若狭富士」と呼ばれる標高693メートルの美しい山で、高浜町のシンボルです。青葉山に沈む夕日は「日本の夕陽百選」にも選ばれています。山頂からは内浦湾などの絶景を楽しめ、登山客にも人気です。

城山公園・明鏡洞

高浜城跡でもある城山公園の「明鏡洞」は、名勝「高浜八穴」の奇勝のひとつです。また、城山城址から望む夕日は「日本の夕陽百選」に選ばれ、遊歩道からは景色が楽しめます。

妙見山

かつて「砕導(さいち)山城」のあった妙見山。山頂には妙見宮があり、高浜のまちなみや海岸線を眺めることができます。

高浜町の名所・文化

青葉山中山寺

真言宗御室派の寺院。ご本尊は重要文化財馬頭観音坐像(鎌倉時代、開帳日以外は拝観不可)。中山寺は、奈良時代に白山を開いた泰澄大師によって創建されたと言われており、境内には鎮守として白山神社が鎮座します。馬頭観音坐像を含み、重要文化財3件、県指定文化財2件、町指定文化財4件を有します。

高浜八穴

高浜町事代の城山周辺にあり、海水の海蝕作用により八ケ所の洞穴が出来たものです。八穴は「矢穴」とも書き、戦国時代の武将が矢を隠したので矢穴と言われるようになったという伝説もあります。室町幕府三代将軍足利義満が八穴を観るために高浜に立ち寄ったと伝えられています。平成21年、町の名勝に指定されました。

日引の棚田

内浦湾に面した狭い斜面に階段状に百数十枚の小さな水田が広がっています。春は水がはられ光る水田、夏は青々と茂った稲、秋は黄金色の稲穂、冬は白い雪をまといます。この日本の原風景ともいえる風景は平成11年農林水産省が選定する「日本の棚田100選」に認定されています。

高浜町の特産・名物

へしこ

サバをぬか・塩・とうがらし等で漬け込んだ若狭地方特産の保存食です。塩辛さとクセのある味がご飯にとてもよく合います。

福の子

若狭湾で水揚げされた新鮮なふぐの卵巣を塩漬けにした後、酒粕で漬け込んだもの。完成までに3年以上かかる逸品です。

たかはま鮨

焼き鯖がのっていたりへしこが巻いてあったりと、町内には高浜ならではのお鮨がたくさんあります。

高浜町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

高浜町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版