わが街イイトコ!!

福津市特集

[福岡県]

福津市は、福岡県の北部で福岡市と北九州市の近隣に位置し、北東側は宗像市、南東側は宮若市、南側は古賀市に隣接しており、西側は玄界灘に面しています。
また、東部を山、西部を海に囲まれ、特に海岸一帯と宮地嶽神社周辺の山林は、昭和31年に玄海国定公園に指定され、風光明媚な自然景観を形成しています。
一方、交通網は、東西にJR鹿児島本線、国道3号が延び、海岸線と併行して国道495号が走っています。
さらに、近くには九州自動車道若宮インター、古賀インターもあります。
このため、福津市は宮地嶽神社や津屋崎・福間海岸などを中心とした観光レクリエーションの場として、また、福岡・北九州両政令市への通勤・通学の利便性を背景とした住宅地域として、さらには、新鮮な食料品の生産供給地域としての広域的な役割をもっています。

福津市のいいトコ!!

福津市で憩い・楽しむ

福間漁港海浜公園

砂浜から沖に突き出した漁港も珍しいのですが、公園になっている漁港はもっと珍しいです。駐車場やトイレなどの設備が充実していて、浜辺には東屋(あずまや)や自由に使えるシャワーなどもあります。
防波堤は転落防止柵やスロープなどのユニバーサルデザインが施され、車椅子の人でも釣りが楽しめるように配慮しています。

許斐山

宗像市との境に位置する山です。的原神社の近くと宗像市側に2通りの登山口があります。登山口には駐車場と公衆トイレが整備されていて、登山道も手入れされていますので、気軽にトレッキングを楽しむことができます。

所在地 福津市八並区吉原(やつなみくよしわら)付近(登山口)

西郷川花園

西郷川中流域、なまずの郷の入り口の近くにある休耕田18,000平方メートルを活用した花園です。春は菜の花、秋はコスモスが咲き誇ります。毎年10月にはコスモス祭りを開催していて、近くの田んぼでは田植えや稲刈り体験ができるイベントも行われています。花園内には東屋(あずまや)が整備されていて、花に囲まれてお弁当、といった楽しみ方もできます。

所在地 福津市津丸(つまる)478-1

福津市の名所・文化

宮地嶽神社

商売の神様として信仰を集め、参拝客は年間350万人以上、福岡県内では太宰府天満宮に次ぐ多さを誇っています。まっすぐに海(宮地浜)に延びている参道を照らす夕日がCMで紹介され人気スポットとなっています。拝殿に圧倒的な存在感を示す大しめ縄は、長さ11メートル、重さ約3トンで日本一です。毎年12月に新調されていて、数百人の氏子による架け替え作業は迫力満点です。

所在地 福津市宮司元町7-1

諏訪神社

明治時代よりこの地の氏神として鎮座する諏訪神社。市の中心部からほど近いところにありながら、緑が多く心休まる場所です。

所在地 福津市西福間2丁目1番15号

津屋崎千軒

津屋崎は、江戸から明治期頃まで行われていた塩田の積出港として大いに栄え、その賑わいぶりは、家が千軒もひしめくようで、津屋崎千軒と呼ばれました。残念ながら、江戸時代からの度重なる大火で、まちが何度も消失しましたが、現在も数軒が当時の面影を残しています。この界隈には老舗の商店もあります。創業140年の酒蔵、薬局、うに店などがあり、いずれも歴史ある建物が現役で活躍しています。また、創業240年の津屋崎人形の工房もこの近くにあります。

福津市の特産・名物

早生キャベツ

福津は国から「野菜産地指定」も受けている歴としたキャベツの産地です。早生(わせ)キャベツは冬にできる早生まれのキャベツで、通常よりもやわらかく甘いのが特徴です。

宮地嶽の松ヶ枝餅

松ヶ枝餅は宮地嶽神社門前町で一番人気のお土産品で、表面に宮地嶽神社の神紋である「三階松」の焼印が付いています。

津屋崎人形(筑前津屋崎人形巧房)

津屋崎人形の魅力はなんといってもその愛らしいまでの素朴さ。鮮やかな原色と柔らかい形で、見る人にも思わず笑顔がこぼれます。高度な技術を要するため、人形はベテランの職人の手で一つひとつ丁寧に製作されています。

福津市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

福津市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版