CityDO!
  • facebook
  • gplus

お気に入りに登録

古賀市 整形外科

医療法人 亀山整形外科医院

092-944-2112 「CityDO!を見た」とお伝えください。
医療法人 亀山整形外科医院|古賀市|整形外科

診療案内

骨粗しょう症の予防・治療は、専門医のいる整形外...続きを読む

最新の医療設備と、理学療法士が的確、かつ、きめ...続きを読む

診療案内をみる

安心と信頼の手術について~入院について

【安心と信頼の手術について】
内視鏡下ヘルニア手術は約16mmの切開で皮膚・筋肉を傷つけず、顕微鏡で拡大して神経を確認し、安全にヘルニアを摘出します。手術が必要な場合は、患者さんの納得のいくまで、医師と徹底して話し合った上で実施します。また、どうしても手術はしたくないという方には、他の方法での治療も検討します。

■当院での手術の概要
腱鞘炎、陥入爪、イボ、ホクロ、外傷等の小手術は、当日中に短時間(約10分)で麻酔下に行います。入院は不要です。

■主な日帰り手術費用の概算額 (手術後は数日間は外来での処置(消毒等)が必要です。)
腱鞘炎(ばね指)…¥7,000
陥入爪(簡単なもの)…¥6,000/(複雑なもの)…¥9,000
イボ、ホクロ…¥6,000
※ この負担額はあくまでも目安です。

【入院について】
患者さんの視点を大切に、入院ケア体制を整えました。
● 面倒な手続きは一切不要です。
● 入院医療費は一般的な総合病院の約3分の2です。
● 寝具、TV、洗濯機等、すべて完備。
● ベッド数19の専門医院ならではの家族的なサービスを心がけています。
● 栄養士・調理師が病態に応じて栄養、食事の管理を行います。

■当院の入院の概要
●九大病院や国立病院等での手術後の患者さんがリハビリ継続のために入院することもあります。

●主な手術と入院費用の概算額
○半月板切除術(関節鏡下)
【入院日数】14日/【3割負担概算額】¥150,000/【実際の負担額】¥100,000
※日帰り手術も行っています。
○内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術
【入院日数】14日/【3割負担概算額】¥220,000/【実際の負担額】¥110,000
○人工膝関節置換術
【入院日数】30日/【3割負担概算額】¥540,000/【実際の負担額】¥130,000

※ この入院日数、概算額はあくまでも目安です。
※ お支払いした医療費が1ヶ月に一定額を超えた場合、その超えた医療費が保険者から払い戻される制度(高額療養費制度)があります。
また、平成19年4月からは、事前に「限度額適用認定証」の申請をすることで、医療費の支払が軽減できるようになりました。
詳しくは当院受付にお尋ねください。

医療法人 亀山整形外科医院 基本情報

フリガナ カメヤマセイケイゲカイイン
店名 医療法人 亀山整形外科医院
住所 〒811-3101
福岡県古賀市天神1丁目25番6号
診療時間 【診療時間】
9:00~12:30/14:00~18:00
(受付時間は午前は12:00、午後は17:30まで)
休診日 【休診日】
日曜、祝日、土曜午後
電話番号 092-944-2112 
 
FAX番号
公式サイト 公式サイト
リンクはこちら
公式サイト リンクはこちら
その他店舗 / 施設の情報 ■院長ご挨拶
 最近の10年~20年の日本人の生活は、大きな経済発展の裏で多くの健康財産を失いました。医療技術も向上し、脳卒中・癌・心臓病等の生命の延命方法は発達しました。しかし、運動能力は車社会の中で低下し、高齢化のため骨折も増加しています。
  日常の生活の中で、経験する腰痛・膝痛・坐骨神経痛や肩凝り、小さなケガをいかに適確に迅速に治していくか。
  当院は整形外科の専門医院であり、開院以来、腰痛・膝痛・肩痛・骨粗鬆症等を医学的に科学し、即応してきました。コンピューターレントゲン、イメー ジレントゲン、MRI、骨塩量測定など最新装置はもちろん駆使しながら基本的に医師、看護師、リハビリ療法士の専門家の問診に最も力を入れています。
 具体的な当院の治療や扱う疾患については、ホームページで是非確かめて下さい。
 特に多く扱い実績のある疾患は、まず腰痛であり、次に膝の痛みです。腰痛に関してはコルセットやリハビリテーションが充実しており、手術が必要と言われた方が、手術をせずに完全に回復して働いておられます。どうしても手術が必要な場合も、内視鏡下ヘルニア摘出手術を福岡東地区でも最初に手掛けており、実行されています。
 また、膝痛に関しては、いつまでも治らない痛みに対して積極的に安全で傷跡もない内視鏡手術を施行しており、平成4年より実に1,300例以上の内視鏡手術が行われています。これも福岡東地区では最も歴史を持つ治療法で当院の特徴です。
  人は単に生きているのではなく、四肢の運動能力を健全に維持して初めて、人間らしく生活できるものと思います。「手は体から出た脳である」というカント の言葉のように、背骨・四肢・筋肉を健全に保つ治療に誇りと専門医の威信をかけて、今後もスタッフ一同頑張ります。

院長 亀山 博生

【経歴】
・1977年
熊本大学医学部卒業(宮崎市出身、ラ・サール高卒)
聖路加国際病院(東京)にて麻酔学・救急医療を2年間研修
・1980年
九州大学整形外科にて脊椎外科・膝関節外科・手の外科・先天性疾患等を学ぶ
・1983年
福岡県古賀市(当時:古賀町)の国立福岡東病院(現 福岡東医療センター)にて整形外科医長を担当。
古賀の風土・人柄の良さに魅せられ、当地での開業を決意
・1989年
亀山整形外科開院

【認定医】
・日本整形外科学会専門医
・リウマチ財団登録医
・脊椎脊髄病認定医
・日医スポーツ医
・リハビリテーション認定医
・日医産業医


■副院長ご挨拶
関節リウマチや変形性関節症などの関節疾患を中心に、外傷・脊椎疾患・手足の疾患など幅広く診療を行っています。特に、関節リウマチに対するサイトカイン阻害薬を含めた薬物治療、関節疾患に対する関節鏡手術や人工関節手術に力を入れています。

副院長 岩松 陽一郎

【経歴】
・1987年
九州大学医学部卒業。(福岡市出身、ラ・サール高卒)
九州大学整形外科入局。その後、九州大学病院、県立宮崎病院、福岡市民病院、広島赤十字原爆病院などで、医師としての研鑽を積む。
・1993年
国立療養所福岡東病院(現 福岡東医療センター)整形外科医長。
・2003年
福岡赤十字病院整形外科医長。
・2005年
同院整形外科副部長。関節外科、リウマチ外科を担当。
人工関節手術、関節鏡視下手術を中心に外傷手術、脊椎手術やリハビリテーションなど幅広い分野で、精力的に診療をおこなってまいりました。
・2008年
亀山整形外科 副院長就任

【認定医】
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・日整会スポーツ認定医
・日整会脊椎脊髄病認定医
・リハビリテーション認定医

【診療科目】
・整形外科
・リウマチ科
・リハビリテーション科

アクセス

Web Services by Yahoo! JAPAN
アクセス ・西鉄バス花鶴バス停より徒歩1分
・JR古賀駅より徒歩10分
大きな地図
  • facebook
  • gplus