わが街いいトコ!!糸田町で憩い・楽しむ

いとよき田を巡る

古くは弥生時代より稲作がおこなわれていた土地でしたが、今から1400年ほど昔、天智天皇(668年)が築紫要害を巡視のおり、同行した大伴金村(右大臣金連公)が糸田の郷に至った際、水不足に悩む民衆の苦難を見て権現神に祈り、鉾を用いて地中を探り神泉(泌泉)を掘り当てたところ、清水がこんこんと湧き出しました。干ばつ時に枯死を知らず、豊作が続くことから「いとよき田」「いと田」と呼ばれるようになったと伝えられています。

観光スポット

種田山頭火句碑

漂泊の俳人・種田山頭火をして「逢ひたい捨炭山が見えだした」と詠ませるほど、経済的・精神的な交流が深かったのが、明治豊国病院の内科医であった木村緑平です。二人の文芸活動を記念した皆添橋のレリーフなど、町内には山頭火に関する石碑が多数あります。

道の駅いとだ
地元産品の直売所

糸田町は、豊前と筑前の国境の地として関所が設けられ、現在も主要国道201号線バイパスが東西に横断する福岡県北東部の交通の要衝としての地域です。
「道の駅いとだ」は、毎日新鮮な農産物、海産物、農産物加工品などが並んだ物産館と、食事が摂れるテナントを有したフードコートが併設されています。

所在地 糸田町162番地4
電話番号 0947-26-2115
アクセス 平成筑豊鉄道「田川後藤寺駅」より車で約10分
関連サイト 道の駅いとだ 福岡県田川郡糸田町

物産館「おじゅごんち市場からすお」
地元の新鮮な農産物、海産物、農産物加工品などを
販売しています

「おじゅごんち」とは、金村神社の田植祭が毎年3月15日(じゅうごにち)におこなわれることから、いつのころからかそう呼ばれるようになり、施設に立ち寄った多くの人に「この名称はどういう意味だろう」と興味を引く一方、糸田の観光も紹介できる糸口になればとの思いで名付けられました。「からすお」は、峠にさしかかった神武天皇一行が、一羽の烏(からす)に導かれ、悪天候の中を無事に峠越えができたという伝説に由来しています。

糸田町
イベントカレンダー

1月
成人式
1月
どんど焼き
1月
下田川2カ町連合消防出初式
3月
田植祭(15日)
3月
小学校卒業式・中学校卒業式)
3月
町民歩け歩け大会(下旬)
4月
公民館対抗ソフトボール大会
4月
春の交通安全県民運動
4月
狂犬病予防接種
4月
小学校入学式・中学校入学式
5月
糸田祇園山笠(第2土・日曜日)
5月
特定健診・がん検診
6月
町内一斉環境美化運動
7月
夏の交通安全県民運動
7月
社会を明るくする運動パレード
7月
同和問題講演会(下旬)
8月
町内一斉環境美化活動
8月
親子ふれあい野外映写会
9月
秋の交通安全県民運動
9月
観月会(中秋の名月)
10月
敬老会
10月
町内一斉環境美化活動
10月
男女混合バレーボール大会
10月
親善インディアカゲーム大会
10月
がん検診
11月
暴力等追放町民大会
11月
いいばい・とっても・だいすき祭(上旬)
11月
健康まつり
12月
合唱フェスティバル(第1日曜日)
12月
人権講演会(上旬)

糸田町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

協賛事業者一覧

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版