わが街イイトコ!!

新宮町特集

[福岡県]

新宮町は福岡県の北西部、北九州市と福岡市の間にあります。新宮町役場がある緑ケ浜一丁目1番1号は、東経130度27分、北緯33度43分です。新宮町から福岡市までの距離をJR鹿児島本線でみると、新宮中央駅から博多駅(福岡市)まではわずか14.8キロメートルで、福岡市の隣町としてその影響を強く受けています。北西は玄界灘に面し、新宮漁港から北西約7.5キロメートル先には相島があります。町は東西が8.5キロメートル、南北が5.7キロメートルと東西に長く、やや「く」の字に曲がっています。

新宮町のいいトコ!!

新宮町で憩い・楽しむ

新宮海岸

新宮海岸は、砂浜や松林などが美しい景観を楽しめる散策コースとしても親しまれています。ゆるやかな弓なりのカーブを描く海岸は通称「パラソルのふち」ともいわれ、海岸線には歳月を感じさせる松が2キロメートル以上にわたって植えられています。

湊坂展望公園

新宮町の海、山、町全てを見渡せる展望台となっています。景観を楽しめるとして、撮影スポットやお散歩コースとして親しまれています。

島の駅あいのしま

相島の魅力を発信する観光案内施設です。1階には、水産加工品やお土産品等の販売所と食堂、2階にはカフェがあります。

新宮町の名所・文化

横大路家住宅(千年家)

17世紀中期に建築されたといわれ、「曲り屋」と呼ばれるL字型に折れ曲がった形をした建物で、屋根は全て「茅」で葺かれていています。
最澄(伝教大師)にまつわる伝説が残っており、最澄が寄宿した際にお礼として「横大路」の姓と「毘沙門天の像」「法理の火」「岩井の水」を贈られたといわれています。これらを大事に守れば子孫が栄えて家が絶えることがないと言われ、その家系は現在も続いています。千年も続いているという意味で「千年家」と呼ばれるようになりました。
「法理の火」は、現在太宰府の妙香庵に移されています。
毎年4月13日には、毘沙門天像の御開帳の法要が行われ、この日だけ拝顔することができます。

所在地 新宮町上府420

※見学:水曜日~日曜日10:00~16:45
中の見学はできない場合もあります

太閤水

天正15年(1587)、豊臣(太閤)秀吉が鹿児島の島津氏を平定するため九州に来ました。同行していた茶人、津田宗及が堀ったこの井戸で、博多からの帰路に秀吉がこの水を口にしたと言われています。後の人が太閤秀吉にちなんで、太閤水(飯銅水)と呼ぶようになりました。

所在地 新宮町三代354

独鈷寺

伝教大師が建立したといわれ、天台宗開祖の寺として伝えられています。最盛期には36坊を抱える大寺院で、立花口のことを院内村と呼んでいましたが、立花城攻防戦などの戦乱でほとんどが焼失し、独鈷寺が残るのみです。この寺には、清水が湧き出る独鈷水と、伝教大師が座禅したといわれる座禅石があり、また大師が唐より持ち帰ったといわれる独鈷と鏡が伝えられています。

所在地 新宮町立花口1098

新宮町の特産・名物

海産物

町内水産加工場で生産された、新鮮なサワラやエソのすり身を使ったかまぼこをはじめ、塩ウニ、イワシ・アジの干物、ワカメ・テングサなど新宮町ならではの味を販売しています。

いちご
福岡県のブランド「あまおう」は、「あかい・まるい・おおきい・うまい」の頭文字をとって名付けられました。
新宮町でも多くの農家で栽培されておりブランド品として、全国に出荷されています。

立花ミカン

太陽の恵みを受け、愛情たっぷりに育てられた立花のミカンは、皇室に献上されたこともあり、「献上ミカン」としても有名です。

新宮町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

新宮町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版