わが街イイトコ!!

高崎市特集

[群馬県]

高崎市は、広大な関東平野の北端に位置する、群馬県を代表する都市です。市の人口は37万人を超え、面積は459.16平方キロメートルに及びます。
古くから交通の要衝として栄えてきた高崎市。現在では関越自動車道と上信越自動車道、北関東自動車道に加え、上越新幹線と北陸新幹線も通る、交通の拠点都市へと発展しました。
平成18年1月23日に倉渕村・箕郷町・群馬町・新町と、同年10月1日に榛名町と、平成21年6月1日に吉井町と合併。平成23年4月1日に中核市に移行しました。

高崎市のいいトコ!!

高崎市で憩い・楽しむ

箕郷(みさと)梅林

関東平野を一望する丘陵約300ヘクタールに約10万本の梅の木が植えられています。あたり一面を梅花が埋め尽くす頃、梅まつりが開催されます。

榛名山・榛名湖

榛名富士は比較的なだらかで美しい山容が特長。所要時間2~3時間のハイキングコースもあるので家族で楽しめます。春のツツジや、秋の見事な紅葉はまさに圧巻。また、ロープウェイを利用すれば一気に頂上へ。季節感あふれる榛名山を見下ろしながらの“空中散歩”は爽快です。頂上からは、関東平野が一望、贅沢な天空のひと時を堪能できます。

多胡碑記念館

上野三碑の一つ・多胡碑に隣接する記念館です。古代多胡郡をしのばせる考古資料や、三碑のレプリカ、多胡碑の碑文の書風が影響を与えた中国の刻石の拓本などを展示しています。周囲は緑あふれる吉井いしぶみの里公園として人々の憩いの場になっています。

所在地 吉井町池1085
電話番号 0273-87-4928

高崎市の名所・文化

榛名神社

1,400年以上の歴史を誇る榛名神社。火の神と土の神を祀り、開運や五穀豊穣、商売繁盛のご利益があるといわれています。奇岩に囲まれた境内は神聖な空気が漂うパワースポットとして多くの人たちが参拝に訪れます。

所在地 榛名山町849
電話番号 0273-74-9050

保渡田古墳群

上毛野はにわの里公園内にあり、八幡塚古墳、二子山古墳、薬師塚古墳の3つの前方後円墳が集まる保渡田古墳群。いずれも墳丘長は約100メートルで、大きな二重の堀を巡らしていました。隣接するかみつけの里博物館では、榛名山東南麓で出土した5世紀後半の埴輪や、当時を再現した模型を展示。薬師塚古墳出土の馬具など国指定重要文化財も見られる他、週末や夏休み期間には各種ワークショップを開催しています。

所在地 井出町1514
電話番号 0273-73-8880

上野国分寺跡

奈良時代に建てられた上野国分寺(こうずけこくぶんじ)は、広さ約200メートル四方。現在は金堂・塔の基礎や塀が復元されています。毎年10月に開催される上野国分寺まつりでは、奈良時代の衣装をまとう天平衣装行列が見られます。国分寺の東約300メートルには上野国分尼寺(にじ)跡があり、発掘調査が進んでいます。

所在地 東国分町ほか

高崎市の特産・名物

梅製品

高崎市は東日本一の梅の産地です。品種は「白加賀」を中心に、甲州、梅郷、南高なども栽培されています。梅干しをはじめ、梅酒、梅ジュース、カリカリ梅、梅ジャムなど数多くの加工品が作られ、直売所などで購入することができます。

パスタのまち

人口当たりのパスタ店が全国的にも多いといわれる高崎市。群馬県は全国有数の小麦の産地。小麦粉を使った「粉もの」料理は、昔から高崎市民の生活と深く結びついてきました。パスタ料理も「粉もの」料理のひとつとして、高崎市民に広く愛されています。

日本酒

県内で最も歴史ある蔵元・牧野酒造が、旧倉渕村と高崎市の合併を記念して作った日本酒です。倉渕地域に湧き出る榛名山系の名水で作られた特別純米酒。市民に愛されるように、「高崎」と名付けられました。

高崎市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

高崎市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版