わが街いいトコ!!広島市で憩い・楽しむ

水に緑に音楽にスポーツに!

広島には、魅力ある取り組みや施設が盛りだくさんあります。
水辺のカフェや交響楽団の奏でる音楽に癒されたり、スポーツの応援に行ったり、参加したり。動物や緑と触れ合える環境や、わかりやすく学べる施設、たくさんの公園もあります。

水の都ひろしま

広島市は瀬戸内海に面し、太田川の最下流部が6本の川に分かれたデルタ地帯に発達した都市です。水辺には、雁木と呼ばれる階段状の船着場などの歴史的遺構、連続した河岸緑地、約80の橋梁があり、「水の都」としての歴史と優れた特性を持っています。その魅力をより一層引き出すため、現在、市民や企業の協働のもと、「水辺のオープンカフェ」や「水辺のコンサート」など、「水の都ひろしま」づくりに取り組んでいます。

京橋川オープンカフェ

京橋川右岸の河岸緑地において、水と緑に囲まれた上質で落ち着きのある空間に、個性豊かな7つの店舗が並んでいます。川風を感じながらこだわりの料理やカフェを楽しむことができます。

水辺のコンサート

春と秋の週末に、原爆ドーム対岸の水辺で市民ミュージシャン等によるコンサートを開催しており、ポップスやフラメンコ、ハワイアンなど幅広いジャンルでお楽しみいただけます。

P3 HIROSHIMA (ピースリー ヒロシマ)

3大プロによる広島の元気づくり活動

広島の3つのプロ球団・楽団が、「プライド(誇り)」、「パッション(情熱)」、「プロスペクツ(期待)」の3つの旗印のもとに結成しました。広島の元気づくりや地域活性化に貢献する活動を展開しています。

広島東洋カープ
野球の醍醐味をマツダスタジアムで目撃しよう!

闘う気持ちを鼓舞する真っ赤な帽子。ひたむきに野球に向かうプレースタイル。黄金時代と言われた70年代、80年代からカープの野球は多くのファンに感動を届けてきました。それを体現するのが、日本でも数少ない天然芝のオープン球場であるマツダスタジアムです。開放感一杯の広いスタジアムでカープの選手たちはつねに全力プレーで野球の楽しさを魅せてくれます。

サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島は、広島県広島市をホームタウンとするプロサッカークラブです。1991年に創設されたJリーグに加盟、翌年に広島の行政・財界など59団体の出資により株式会社サンフレッチェ広島を設立しました。「サッカー事業を通じて、夢と感動を共有し、地域に貢献します」というクラブ理念のもと、地域社会の発展をかかわり続けることを目的に、市民・県民に親しまれ、愛される「日本一の育成型クラブ」を目指しています。

広島交響楽団
"Music for Peace" ―音楽で平和を

1963年に「広島市民交響楽団」として発足。その後「広島交響楽団」と改称し、1972年のプロ改組以来、国際平和文化都市“広島”を本拠地とする、中・四国唯一の常設プロオーケストラとして活躍の場を拡げています。現在は年14回の定期演奏会やディスカバリー・シリーズをはじめ、依頼公演や学校コンサート、巡回コンサートなど年間約140回を超える演奏活動を行っています。

トップスひろしま ―スポーツクラブによる地域活性化組織

トップス広島は、平成12年、広島に拠点を置く全国トップレベルのスポーツクラブが連携して広島のスポーツを盛り上げるため、設立したNPO法人です(正式名称:広島トップスポーツクラブネットワーク)。「スポーツ王国ひろしま」を掲げ、地域活性化に貢献する活動を行っています。現役選手などが学校やスポーツセンターなどでスポーツの指導を行っています。

  • 広島東洋カープ…戦後の復興期から市民に希望と勇気を与え続ける球団
  • サンフレッチェ広島…サッカー王国広島の伝統を引き継ぐ名門チーム
  • JTサンダーズ(排球部)…ひたむきなプレーで勇気と感動を届ける
  • 広島メイプルレッズ…日本女子ハンドボール界のトップレベルで活躍
  • 広島ガスバドミントン部…一部リーグ定着を目指す
  • NTT西日本広島ソフトテニスクラブ…国際大会の日本代表として数多くの金メダルを獲得
  • 中国電力陸上競技部…日本の陸上競技長距離界をリードする
  • ワクナガレオリック…日本男子ハンドボール界で常に活躍するトップチーム
  • コカ・コーラウエストレッドスパークスホッケー部…2011年は日本リーグ初優勝。日本女子ホッケー界を牽引する存在

広島の交通

路面電車

広島市に初めて市内路面電車が走り出したのは、1912(大正元)年です。広島城のお堀や川を埋め立てて線路を引きました。適度な速度、道路から気軽に乗れることから、広島市民の生活には欠かせないものになりました。広島では今でも続く様々な努力により存続し、一日の平均利用者数が約15万人という日本最大の「路面電車王国」になりました。

明日に向かって走るアストラムライン
日本で一番長い新交通

中・四国地方で初めての新交通システムであり、総延長18.4キロメートルは、現在営業中の新交通システムの中では日本一の長さです。延長18.4キロメートルのうち、都心側の本通駅から約1.9キロメートルは地下式となっています。地下を走行する新交通システムは全国で初めてです。

元気な力が躍動する

広島広域公園(広島ビッグアーチ)

広島ビッグアーチは、平成6年に開催された広島アジア競技大会ではメイン会場として、開会式、閉会式、陸上競技、サッカー会場として使用されました。また、サンフレッチェ広島のホームスタジアムにもなっています。他に、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボールなどで利用できる球技場があります。

県立総合体育館(広島グリーンアリーナ)

最大で約1万人もの観客を収容できる大アリーナ(広島グリーンアリーナ)では、スポーツだけでなく数々のイベントやコンサートが開催されています。また、小アリーナ、武道場、弓道場、屋内プール、トレーニングルームなどを併設しています。

動物や緑とのふれあい

広島市安佐動物公園

自然豊かで広々とした園内にはキリン、アフリカゾウ、レッサーパンダ、トラなどの人気動物がいっぱい!ガラス越しにライオンを観察できる「レオガラス」など、間近で動物を観察できる施設の充実を図っています。人気スポットぴーちくパークではヤギやヒツジ、テンジクネズミなどの動物と直接触れ合うことができ、土日祝日にはポニー乗馬も実施しています。夏の「納涼ナイト☆サファリ」や「バックヤードガイド」など、年間さまざまなイベントがあります。

広島市森林公園(こんちゅう館)

自然いっぱいの園内で森林と親しむとともに、芝生広場や山城展望台、モノレール、ザイルクライミング、デイキャンプ場など家族そろって楽しめます。またこんちゅう館ではチョウの群れ飛ぶパピヨンドームをはじめ、内外の約50種、1.000個体以上の生きた昆虫を展示しています。

学ぶ、体験する

広島市こども文化科学館(プラネタリウム)

体験型の展示を楽しみながら科学の不思議を理解できる、日本で最初にできた子どものための博物館。プラネタリウムでは無限に広がる宇宙の様子がドームに再現されます。

広島市江波山気象館

全国でも珍しい「気象」をテーマとした博物館です。風の強さが体験できる「突風カプセル」や、台風や雲の中に入ったような雰囲気を味わえる「タイフーンボックス」などの体験展示で、お天気について楽しく学ぶことができます。

でかけてみよう、近くの公園

※公園内の施設には有料のものがあります。休園日、利用時間、利用料金等については、各施設にお問い合わせください。

中央公園

中区

牛田総合公園・新牛田公園

東区

比治山公園

南区

竜王公園

西区

せせらぎ河川公園

安佐南区

可部運動公園

安佐北区

絵下山公園

安芸区

みずとりの浜公園

佐伯区

広島市
イベントカレンダー

11~1月
ひろしまドリミネーション
1月
ひろしま男子駅伝
4月
植物公園さくらまつり
5月
ひろしまフラワーフェスティバル
6月
ゆかたできん祭
7月
広島みなと 夢 花火大会
8月6日
平和記念式典
ピースメッセージとうろう流し
10月
ひろしまフードフェスティバル
広島城大菊花展
11月
ひろしま国際平和マラソン
えべっさん(胡子大祭)
11~1月
ひろしまドリミネーション

広島市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版