わが街イイトコ!!

海田町特集

[広島県]

海田町は、古くから交通の要衝として栄え、広島市の東部に位置する人口約3万人のまちです。また、様々な分野において偉業を成し遂げた人物を幾人も輩出してきており、誇りうる歴史と伝統や、水と緑に恵まれた豊かな自然を有しているまちでもあります。

海田町のいいトコ!!

海田町で憩い・楽しむ

かいた七夕さん

七夕の行事を復活させたいというボランティアの想いが込められた「かいた七夕さん」。瀬野川河川敷は一人ひとりの願いのこもった短冊のついた笹で夢いっぱいに。
会場は、歌やダンスのステージなどで盛り上がります。

所在地 瀬野川河川敷

海田総合公園

野球場・テニスコート・多目的広場のスポーツ施設、自然と親しむ散策道・四季の広場・フルーツガーデンやドッグラン、ロケーション豊かなせせらぎ広場などを整備しています。県内有数の大規模複合遊具である「クスノキ&ひまわりコンビネーション」は、お子様連れを中心に好評です。

所在地 東海田字蟻ヶ原
電話番号 082-824-2433

日浦山(ひのうらやま)

標高345.9メートルの日浦山には、登山ルートが整備され、駅から近いこともあり、気軽に登山を楽しむことができます。
約60分ですばらしい眺めの頂上へ。遠く宮島までも臨むことができます。季節の花々とのふれあいも、楽しみの一つです。

瀬野川健康ウオーキング

瀬野川河川敷をウオーキングします。健康づくりへの関心を高めていただくとともに、瀬野川流域の魅力を感じてもらえるイベントです。

所在地 瀬野川河川敷

海田町の名所・文化

旧千葉家住宅

広島藩では、幕府の書状や荷物を扱うことを「天下送(てんかおく)り」、藩のものを扱うことを「宿送(やどおく)り」と呼び、海田市では代々神保屋(千葉家)がこれにあたってきました。千葉家には、これらの職務にまつわる数々の資料が伝わっています。その他にも、御茶屋や脇本陣のかわりに、大名や役人が休泊することもあったようで、屋敷のつくりや庭のたたずまいに当時の様子がうかがえます。一般公開も行っています。

所在地 海田町中店8-31
電話番号 082-823-9217

十二神将立像(坂上寺阿慈谷坊)

十二神将は薬師如来の眷属で、十二体からなります。本像の像高は36.5センチメートル~42センチメートルで、檜の一木造、室町時代中期の作とされています。これらの像には、水中あるいは土中に埋まっていた形跡があり、腕や持物は失われています。なお、一体は後補のものであるようです。

所在地 東1丁目

真福寺 聖観音菩薩立像

像高118.5センチメートル、一木彫のこの像は、室町時代の作と伝えられています。
江戸時代初~中期に補修が行われた際、全身に麻布が貼られたものと思われます。台座は後補のものです。

所在地 上市

三十六歌仙絵馬

文政8年(1825年)広島藩の御用絵師、山野峻峰斎の筆によるもので、桐板に36人の歌人の肖像が描かれています。当時の藩儒・藩士らが歌詞を清書し、奉納したもので、現在も幣殿に掲げられています。当時の海田の文化的側面を感じることができます。

所在地 海田町上市4-1

火ともしまつり

出崎森神社の秋祭り前夜に行われています。奈良時代の霊亀元年(715年)に出崎森神社が筑前の宗像神社より勧請されたとき、人々がたいまつをともして船を出迎え導いたことから始まったと伝えられています。海田町指定無形文化財です。

所在地 海田町寺迫2-15-25

海田町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

海田町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版