わが街イイトコ!!

熊野町特集

[広島県]

熊野町は広島県西部に位置し、広島市から東南へ約12キロメートルの地点にあり、安芸郡に属しています。町の南部は呉市に接し、東部は東広島市黒瀬町、北西部は広島市安芸区、北部の一部が海田町に接しています。町域面積は33.76平方キロメートル、東西7.4キロメートル、南北8.4キロメートルです。

熊野町のいいトコ!!

熊野町で憩い・楽しむ

くまのファミリー公園
所在地 熊野町川角五丁目10番1号
電話番号 082-854-7695
NPO法人熊野健康スポーツ振興会

熊野町冒険広場
所在地 熊野町川角五丁目10番1号
電話番号 082-854-7695
NPO法人熊野健康スポーツ振興会

深原地区公園
所在地 熊野町新宮二丁目12番1号
電話番号 082-820-5580
東部地域健康センター内事務室

熊野町の名所・文化

毎年秋分の日に行われる、「筆の都」熊野町の一大イベント

熊野町では、毎年9月に「筆まつり」が開催されています。
この筆まつりは、昭和10年(1935)に、日本三筆のひとり嵯峨天皇をしのび、あわせて熊野町製筆の先駆者、佐々木為次・音丸常太・井上治平らに感謝の意をこめて始められたものです。
筆まつりは奉納神楽などの前夜祭で始まり、「大作席書」や「筆供養」、特別価格で販売される「筆の市」、小中学生が掛け軸に挑戦する「競書大会」などが催され、まちをあげての一大イベントとして毎年盛大に行われています。
中でも書道家を招いての「大作席書」は特に有名で、書道家による約20畳分の特別布への大作揮毫をはじめ、地元の人たちによる様々な作品が一気に書き上がる様は圧巻です。

鬼瓦モニュメント

この鬼瓦は、平成5年に行われた光教坊大修理の際に、本堂の屋根から降ろされたものです。製作は約170年ほど前に作られた「江波瓦」であることがわかりました。
広島には江戸時代に「舟入の瓦焼」「江波瓦焼」「吉浦瓦焼」の三箇所があったといわれていましたが、「江波瓦」の実物は見つかっておらず、幻の瓦と言われていました。その存在を立証したのがこの鬼瓦です。瓦の顔の部分の左側には製造年月日が、右側には製造場所と3人の職人の名前が刻まれています。

熊野筆毛筆元祖頌徳之碑

熊野に筆の生産技術をもたらした、「井上治平(いのうえじへい)」と「乙丸常太(おとまるつねた)」を称え、熊野町商工会が昭和22年に建てたものです。井上治平は、当時広島市内にいた浅野家の御用筆司、吉田清蔵から製筆の技術を学び、また、同じ頃に乙丸常太も、摂津有馬で製筆技術を修得して帰り、二人とも郷土の村人にこれを教えたといいます。

熊野町の特産・名物

毛筆

江戸時代からの伝統技法で一本一本手作りされる熊野筆。書道家用の高級筆から学童用筆、特殊筆にいたるまで質量とも全国一の生産を誇っています。

KuMa焼

熊野特産の丹波黒大豆を贅沢に使って焼きあげた、まったく新しいかたちの和風パイです。若い女性からも大変おいしいと大人気です。

ふわふわ納豆焼

体に良い「卵、納豆、山芋」などを使ったふわふわな食感で、取り扱う店舗によって、調理方法やトッピングが違うことから様々な味が楽しめます。

熊野町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

熊野町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版