わが街イイトコ!!

弟子屈町特集

[北海道]

弟子屈の「テシカ」はアイヌ語で「岩盤」、「ガ」は「上」という意味です。町内を流れる釧路川にはかつて多くの魚がおり、アイヌの人たちは魚を取ろうと網をかけようとしましたが、非常に岩盤の多い急流であったため遂に杭を打ち込むことが出来ませんでした。そのためアイヌの人たちは「ここにはせっかくたくさんの魚がいるのに、仕掛けもできない岩盤の上だ」と嘆いたと言われ、弟子屈の町名に由来していると言われています。

弟子屈町のいいトコ!!

弟子屈町で憩い・楽しむ

摩周湖

湖面は海抜351メートル、周囲約20キロメートル、面積19.2平方キロメートル、最深211.4メートルの世界一級の透明度を誇るカルデラ湖は、刻々として変わる湖面の変化が訪れる人々を魅了します。湖の周囲は300~400メートルの絶壁に囲まれ、その斜度は平均45度もあり、これほど険しい湖岸は他にはないでしょう。

水郷公園(水郷緑地)

自然とふれあう場として散策路の整備、野鳥観察小屋、水車などがあり、川と草花と小鳥とふれあうことができる憩いの公園です。公園には、放流した鯉やニジマスがすんでおり、冬には白鳥が羽を休めるエリアにもなっています。また、子育て世代の親子が安全で遊びやすい「幼児広場」が整備され、連日に渡り多くの親子連れや観光客が訪れています。

屈斜路湖

九州の阿蘇カルデラをしのぐ、日本最大級の屈斜路カルデラのなかに横たわる巨大なコバルトブルーの湖。カルデラ湖としては日本で1番の大きさを誇ります。湖心に浮かぶ中島は、淡水湖内では日本一大きい島です。屈斜路湖はキャンプ、ヨットやウィンドサーフィンなどのウォータースポーツ、フィッシング、温泉浴などで賑わうリゾート地の顔ももっています。また、冬期間は全面凍結しますが、地熱により一部解氷部分が出来ることから、毎年400~500羽の白鳥が羽を休め、訪れた人々の目を楽しませます。

弟子屈町の名所・文化

大鵬相撲記念館

弟子屈町川湯温泉は第48代横綱大鵬のふるさとです。相撲史上に数々の金字塔を打ち立てた大鵬の偉業を後世に伝える館内には、全ての優勝額や化粧回し、少年時代からの写真の他、歴代横綱の写真などがびっしり。特に名勝負・名場面の映画は迫力たっぷりです。

所在地 弟子屈町川湯温泉2丁目1番20号

弟子屈町屈斜路コタンアイヌ民俗資料館

屈斜路湖畔のコタンに建つ前衛的な外観の建物。釧路市出身の建築家故・毛綱毅曠(もづなきこう)氏の設計で建てられたものです。展示物はユーカラの森、コタンの大地、コタンの移り変り、山野を駆ける、コタンを支える人々の5つのテーマからなり、熊送りのスライド上映もおこなっています。

所在地 弟子屈町字屈斜路市街1条通14番地

川湯エコミュージアムセンター

訪れた皆さんと川湯の大自然や歴史、文化とを結ぶお手伝いをする施設です。国立公園になっている川湯の美しい自然を分かりやすく解説した展示物や、見どころ情報などを紹介しています。

所在地 弟子屈町川湯温泉2丁目2番6号

弟子屈町の特産・名物

摩周和牛

弟子屈町の農家で肥育された黒毛和牛で、その肉質は柔らかく、赤身とサシのバランスも良いことから高い評価を得ています。

摩周そば

弟子屈町では、冷涼な気候を生かし、平成2年からそばが栽培されています。鮮やかな薄緑色で味も香りもひときわ引き立つと評判の摩周そばは、そば通をうならせ、全国の名店から注文の絶えない人気の逸品でもあります。

マンゴー

南国フルーツのマンゴーを「弟子屈町」の温泉熱を利用し栽培しています。夏は30℃、冬はマイナス20℃以下の寒暖差の中で作られた完熟マンゴーは、その寒暖差により糖度が増し、みずみずしく独特の甘みが特徴です。

弟子屈町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

弟子屈町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版