わが街イイトコ!!

明石市特集

[兵庫県]

明石のまちは、気候が温暖で、古くは万葉歌人柿本人麻呂によって歌が詠まれた風光明媚な地です。江戸時代には小笠原家10万石(後の松平家8万石)の城下町として栄えるとともに、摂津と播磨との接点に位置する、という恵まれた地理的条件を生かし、交通の要としての役割も果たしてきました。
大正8年(1919年)11月1日に、全国で81番目、兵庫県下で4番目の市として誕生しました。
当時の人口は約32,000人、面積は7.7平方キロメートルでした。その後、昭和17年(1942年)に1村(林崎村)を、昭和26年(1951年)には3町村(大久保町、魚住村、二見町)をそれぞれ合併し、ほぼ現在の市域となりました。

明石市のいいトコ!!

明石市で憩い・楽しむ

天文科学館
明石のシンボル!

1960年の開館以来、まちのシンボルとして“時のまち明石”の魅力を全国に発信し続けています。同館のプラネタリウムは、稼動期間日本一の記録を今も更新中。

時のまち
子午線が通るまち

東経135度日本標準時子午線が通る「時のまち」明石。市内には、天文科学館をはじめ、ユニークな標識や標柱など、「時のまち」ならではのものがたくさんあります。

魚の棚商店街
明石の魚を買うならやっぱりココで!

地元では「うぉんたな」の愛称で呼ばれる明石の台所。新鮮な魚介類や練り物、乾物などを扱うお店を中心に約100店舗が並び、観光客にも人気の商店街。

明石市の名所・文化

明石城(明石公園)
2019年には築城400年

明石駅北側に位置し、約54.8ヘクタールの広大な敷地を誇る公園。江戸時代初期に築城された明石城や、豊かな自然、スポーツ・文化施設があることから、市民の憩いの場として親しまれています。

稲爪神社 秋祭り

着流し姿の謡い手が氏子の家の戸口で三味線に合わせて謡う「囃口(はやくち)流し」と「牛乗り」は市無形民俗文化財指定。勇壮な獅子舞は、県無形民俗文化財指定と見所の多い祭りです。

所在地 稲爪神社 大蔵本町6-10
電話番号 911-3143

住吉神社 秋祭り

氏子地域から練りだされる4台の布団太鼓は祭礼を盛り上げます。神功皇后(じんぐうこうごう)の遠征の際、住吉大明神に供御(くご)してきたのが、神幸式(しんこうしき)でのお道具もちの由来といわれています。

所在地 住吉神社 魚住町中尾1031
電話番号 946-0417

明石市の特産・名物

玉子焼(明石焼)
明石といえばやっぱりコレ!

あげ板の上に黄色のふわふわ丸い生地が並び、中にはプリプリのタコが入った玉子焼。100年以上の歴史を誇ります。全年代から幅広い支持を得た玉子焼が、前回の2位から順位を上げ堂々の1位に!!

明石だこ(マダコ)
水揚げ量、日本一!

明石海峡の潮流にもまれ、引き締まった身と歯ごたえ、旨みが特徴。水揚げ量(マダコ)は日本一を誇ります。

イカナゴ
甘辛味がクセになる

毎年2月末から3月上旬にイカナゴのシンコ漁が解禁されることから、「春を告げる魚」として親しまれています。漁がはじまると、明石のまちはくぎ煮を炊く甘辛い香りに包まれます。

明石市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

明石市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版