わが街イイトコ!!

芦屋市特集

[兵庫]

芦屋市は兵庫県の南東部、大阪と神戸の間に位置し、面積約1,857ヘクタール、東西約2.5キロメートル、南北約9.6キロメートルと南北に細長いまちで、北は六甲の山並み南は大阪湾に面し、気候温和な自然環境と便利な交通環境など、生活条件に恵まれた住宅都市です。
昭和26年に「芦屋国際文化住宅都市建設法」が制定され、国際性と文化性あふれる住宅都市の形成をめざした魅力あるまちづくりを進めてきました。
平成7年1月17日の「阪神・淡路大震災」によって壊滅的な被害を受けましたが、復興とともに安全で快適なまちづくりに取り組んできました。
第4次総合計画(平成23年策定)では、『自然とみどりの中で絆を育み、“新しい暮らし文化”を創造・発信するまち』を将来像として掲げています。

市章

大正11年3月31日、懸賞募集によって制定された精道村章をそのまま引き継いだものです。その由来は、「精道村は、山を負い海に臨む風光明媚の地にして、芦屋・打出・三条・津知の旧4カ村から成り、円満、平和にして隆々として発展の勢あり、すなわち山、海、四、円平、旭を図示す」とされています。

市木 クロマツ

松の景観をなくして芦屋を語ることはできません。なかでも形成がすぐれ、害虫に侵食されにくいクロマツを市木に選定しました。

市花 コバノミツバツツジ

背山で松とともに多生しているのがつつじ。とくに故牧野富太郎博士命名のコバノミツバツツジが多く、また美しいところから市花に選定しました。

芦屋市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

芦屋市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版