CityDO!
  • facebook
  • gplus

お気に入りに登録

尼崎市 内科

朝田医院 内科・循環器科

06-6429-1697 「CityDO!を見た」とお伝えください。

診療内容

内科疾患全般の診療を致します。

体の不調全般にわたりあらゆる症状に対しての診療を行っています。
もちろん風邪やインフルエンザなどの感染症や高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病も診療します。
また、診察の結果さらに高度な医療や入院が必要と判断した時は皆様の症状に適した専門科目を判断し、必要な場合には大学病院などの専門医療機関への紹介も行います。

大腸がん検診

大腸がんは年々増加しています。その増加理由として、日本人の食生活が欧米化し、動物性脂肪の摂取量が多くなったのに対し、植物性繊維質の摂取量が減ってきたことがあげられます。
大腸精密検査は2回来院していただく必要があります。
1回目は結果の説明、精密検査法の説明、精密検査にともなう前処置の説明で、2回目は検査です。

肝炎ウィルス

ウイルス性肝炎は、A、B、C、D、E型などの肝炎ウイルスの感染によって起こる肝臓の病気です。
肝炎になると、肝臓の細胞が壊れて、肝臓の働きが悪くなります。一部の方では、倦怠感、食欲不振、吐き気、黄疸(皮膚が黄色くなること)などの症状が出ることがありますが、全く症状が出ないことも少なくありません。

特定健診(尼崎市国民健康保険)

平成20年度から国民健康保険や組合健康保険など、医療保険者ごとに、生活習慣病予防を目的とした特定健診の実施が法律で義務付けられました。
特定健診は、生活習慣病が重症化して脳卒中や心筋梗塞になるのを予防することを目的として行うものです。

診療設備

1、心エコー検査
超音波を用いて心臓の働きを見る検査で、約10分間寝ているだけですみます。まったく痛みはありません。心臓の壁の動き、弁の状態、心臓内での血流の状態を見ることができます。


2、頸動脈エコー検査
超音波を用いて頚動脈の動脈硬化の進展度を見る検査です。頚動脈の動脈硬化の進展度は頭蓋内の血管の動脈硬化の進展度を反映しているといわれています。
複数以上の動脈硬化の危険因子を持っている方には脳卒中などの病気の早期発見、予防にに有用です。

負荷心電図

普通の安静時の心電図では捕らえることのできない心電図の変化を心電図をつけた状態で人為的に運動負荷(自転車のペダルをこぐ運動)をかけることにより捕らえることができます。狭心症などの虚血性心疾患の確定診断に有用です。

X線診断装置

X線診断は、X線が人体を透過する性質を利用して人体の「透視画像」をつくり、その像から人体の内部構造を知って種々の診断が可能です。 肺のように空気を多く含んだ部位は多くのX線を受けてより黒く写り、骨などX線を透しにくい部位は白く写ります。

ホルター心電図(24時間心電図

普通にとる心電図は10秒間だけ脈の状態を見ますので、不整脈などの短時間に起こる心電図変化などを捉えることが困難です。この検査で小型の心電図モニターを一日(24時間)つけて心電図を観察することによりより精度の高い診断をすることができます。