わが街イイトコ!!

丹波篠山市特集

[兵庫県]

丹波篠山市は兵庫県の中東部に位置し、人口は41,446人(令和元年6月末現在)、総面積は377.59平方キロメートル。
東は京都府、西・北は丹波市・加東市、南は大阪府・三田市などに隣接。舞鶴若狭自動車道の開通やJR福知山線の複線化によって、関西経済圏の大阪・神戸からの時間的距離が大幅に短縮され、1時間圏域となりました。市の基幹産業は農業。主な特産物には、丹波篠山黒豆(黒枝豆)や丹波篠山山の芋、丹波栗、丹波松茸、丹波茶、丹波焼、丹波木綿などがあります。全国的に知られる「デカンショ節」のふるさとでもあり、8月には「デカンショ祭」が盛大に行われます。ほかにも、「陶器まつり」や「味まつり」などのさまさまなイベントが年間を通じて行われます。

丹波篠山市のいいトコ!!

丹波篠山市で憩い・楽しむ

ささやまの森公園

里山ならではの四季折々の風景が見られる自然公園。園内では珍しい動植物や、里山ならではの生き物に出会えます。様々な里山体験プログラムも充実しています。

所在地 川原511-1
電話番号 ☎079-557-0045

フォレストアドベンチャー・丹波ささやま

高さ20メートルに足場を組み、樹木との間を100メートル滑空するジップスライドなど、アクティビティは51種類。この種の施設ではスリルはトップクラス。

所在地 火打岩字畑山265-3
電話番号 ☎090-9119-3380
*料金、営業日などはお問い合わせください

多紀連山県立自然公園

篠山盆地の北方に連なる雄大な連峰で、主峰の御嶽(793メートル)、東の小金ヶ嶽(726メートル)、西の西ヶ嶽(727メートル)の三峰を中心として多紀連山県立自然公園として親しまれています。5月には山開き、11月にはアルペンルート登山が開催され、多くの登山客で賑わいます。

丹波篠山市の名所・文化

篠山城大書院

慶長14年(1609)、徳川家康が西国の大名を監視する拠点として「笹山」という小高い丘に築かせた城が篠山城です。昭和19年(1944)の火災で焼失するまでの335年間、篠山城二の丸にあった大書院を約半世紀ぶりに復元しました。古式の建築様式や荘厳な装飾など、往時の雰囲気が再現されています。

所在地 北新町2-3
電話番号 ☎079-552-4500

雲部車塚古墳

5世紀中頃に築かれた前方後円墳で、全長140メートルと兵庫県第2位の大型古墳です。明治時代に村人たちによって発掘調査が行われ、石室からは石棺や多くの武具が見つかりました。皇族の墓である可能性があるとして、宮内庁の陵墓参考地となっています。

御徒士町武家屋敷群

江戸時代に藩主の警護にあたった武士たちが屋敷を構えた御徒士町。国の重要伝統的建造物群保存地区で、今も城の西側に10数棟の屋敷が立ち並び、当時の面影を残しています。

丹波篠山市の特産・名物

丹波栗

粒が大きくて甘みにすぐれた丹波栗は、栗ごはん、上品な甘みの栗菓子、ちょっと珍しい栗酒など、楽しみ方もいろいろです。消化、吸収の良い健康食品です。

丹波茶

丹波地域とお茶のつきあいは、かれこれ1000余年。すっきりとした渋みが、丹波篠山の銘菓にもピッタリです。

ぼたん鍋

独特の地形と豊かな山の幸にはぐくまれた丹波篠山の猪肉は低カロリーでビタミンB群が豊富。味噌仕立てのぼたん鍋は体の芯からあたたまります。

丹波篠山市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

丹波篠山市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版