わが街イイトコ!!

高萩市特集

[茨城県]

海と山、自然に恵まれたまち

茨城県の北東部に位置し、東は太平洋に面し、西は多賀山地が連なり、その間を花貫川と関根川が流れて渓谷をつくっています。これらの海や山の自然景観は県の自然公園に指定されています。また、北部は福島県東白川郡塙町と茨城県北茨城市に接し、南部は日立市、西部は常陸太田市に接しています。東京からは約150キロメートルで、常磐自動車道を利用して約2時間の距離に位置します。市域の総面積は193.58平方キロメートル。県土の3.2パーセントを占めています。市域の約85パーセントが山林原野等で、農耕地面積は1,069ヘクタールとなっています。

高萩市のいいトコ!!

高萩市で憩い・楽しむ

高萩まつり

高萩の夏の風物詩、「高萩まつり」。山車(だし)のおはやしが賑やかに奏でられ、神輿(みこし)の担ぎ手のかけ声と市民ばやしが街中に響き渡ります。うちわを持った浴衣姿や工夫を凝らした仮装姿での流し踊りなどが行われます。

高萩海水浴場

白い砂浜と遠浅の海岸で、夏季には家族連れを中心 に多くの海水浴客で賑わい、海の家もオープンします。

花貫渓谷と汐見滝吊り橋

春の新緑と秋の紅葉。この周辺では季節とともに移り変わる自然の姿を楽しむことができます。約60メートルの長さの汐見滝吊り橋からは、眼下に勢いよく長れ落ちる汐見滝の姿や小さな淵をぬって流れる花貫川の清流に出会うことができます。

高萩市の名所・文化

丹生神社の棒ささら

棒の先に獅子(しし)頭を付けた3匹の獅子が、周囲に幕を回した屋台の中で棒を操り舞うささらです。江戸時代から続く伝統ある郷土芸能でしたが一時中断し、昭和58年に約60年振りで復活しました。毎年4月第2日曜日の例祭に丹生神社の境内で奉納舞いが行われます。

花貫川第一発電所 第三号水路橋

この水路橋は、大正7年に花貫川から水力発電用の水を引くために造られたもので、長さが77.4メートル、幅が 2.1メートル、地上からの高さは22.4メートルあります。両側の山に向かって二つのアーチを作る姿が「めがね」のように見えることから、通称「めがね橋」と呼ばれ、現在も使われています。

穂積家住宅

主屋、長屋門、前蔵、衣裳蔵、庭園からなる穂積家住宅。主屋は寄棟(よせむね)造りに一部入母屋(いりもや)造りを入れ、茅(かや)などを数段に重ねて葺いた重厚な屋根を持っています。また、この主屋や100坪の広さを持つ庭園は、江戸時代に描かれた屋敷絵図にもほぼ現状の姿をとどめ、江戸時代中期の豪農住宅を知る上で貴重な文化遺産となっています。なお、平成11年から平成15年3月まで解体修復工事に取り組み、新たな姿で一般公開されています。

高萩市の特産・名物

花貫フルーツほおずき

独特のあまずっぱさと種の食感が楽しいと口コミで評判になり、生産拡大中。ジャムやアイスなどの加工品も販売中。秋口には、東京の一流料理店でも「注目の旬の食材」として取り扱われている。

高萩真心一魂

花貫川の清流で育った酒米「美山錦」を使用。平成29年2月1日の一般販売開始以降、すっきり飲みやすいと好評を博している。また、その酒粕を利用した商品開発も進められ、平成29年6月1日からはアイスを販売中。

花貫フルレーヌ

地元産のフルーツほおずきとブルーベリーで作ったジャムを使用。しっとりした口あたり。

高萩市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

高萩市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版