わが街イイトコ!!

東海村特集

[茨城県]

東海村は、水戸市から北東へ約15キロメートルの距離にあります。東が洋々たる太平洋に面し、西が那珂市、南がひたちなか市、北が一級河川の久慈川を境に日立市に接しています。形成される村域は、東西が7.9キロメートル、南北が7.9キロメートルと円形に近い形状です。
明治22年(1889年)の自治制施行に際し、村松村、石神村となり、昭和30年(1955年)3月31日、町村合併促進法によって両村が合併し、東海村となりました。
村内には、世界有数の原子力関連施設が集積しているほか、最先端科学の研究施設である「大強度陽子加速器施設(J-PARC)」が立地しています。見どころとしては、日本三体虚空蔵のひとつ「村松山虚空蔵堂」や水戸光圀公に縁の深い「大神宮」などの歴史・文化的財産、数々の芸術作品を鑑賞できる「東海ステーションギャラリー」、四季折々の魅力を映す「東海十二景」があります。

東海村のいいトコ!!

東海村で憩い・楽しむ

東海I~MOのまつり

村の特産品、さつまいもを存分に味わうためのイベントです。さつまいもを使ったさまざまなイベントを開催するほか、焼き芋やお鍋が振る舞われます。

電話番号 287-0855

東海まつり

昭和54年から30年以上続く夏の風物詩。JR東海駅前を歩行者天国とし、さまざまなステージイベント、山車やお神輿、東海音頭が盛大に繰り広げられます。

電話番号 283-2141

大空マルシェ

会場はジャンルごとにエリア分けされており、食べ物はもちろん、ワークショップ、ライブステージなどを楽しめます。

電話番号 287-0855

東海さくらまつり

阿漕ケ浦公園に咲く約200本のソメイヨシノの中で開催されるお祭りです。約3週間開催され、期間中は多くの屋台と人で賑わいます。

電話番号 287-0855

東海村の暮らしやすさ

公園がいっぱい

まちの中には、桜の名所として知られる阿漕ケ浦公園や、子どもの遊び場などを備える笠松運動公園をはじめ、合計84か所の公園が整備されています。1日中遊べる大きな広場から毎日散歩に行ける近所のポケットパークまで、利用シーンに合わせて選べます。

子育て環境・支援への満足度約86パーセント!

充実の子育て支援制度で、満足度は約86パーセント。だから子育て家庭が集い、東海村の15歳未満の人口の割合は、県内1位です。

独自の“教育”

東海村は、住民一人あたりの教育予算が県内2位。また、原子力の研究機関をはじめとした研究施設が多くある「科学のまち」東海村ならではの教育も行われています。

東海村の特産・名物

さつまいも

鹿児島県に次ぐさつまいもの産地、茨城県。特に東海村は、さつまいもの名産地です。シンプルにふかして食べてもおいしいですが、村では、さまざまなおいもスイーツを楽しむことができます。

梨・ぶどう

村の梨・ぶどうは、とてもみずみずしく、果汁たっぷりです。主な品種として、梨は「幸水」「豊水」、ぶどうは「巨峰」「シャインマスカット」などが栽培されています。

東海村の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

東海村 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版