わが街イイトコ!!

奥州市特集

[岩手県]

奥州市は、岩手県の内陸南部に位置し、北は北上市・西和賀町・金ケ崎町・花巻市、南は一関市・平泉町、東は遠野市・住田町、西は秋田県に接しています。総面積は、993.30平方キロメートルと広大で、東西に約57キロメートル、南北に約37キロメートルの広がりがあります。
地域の中央を北上川が流れており、北上川西側には胆沢川によって開かれた胆沢扇状地に、水と緑に囲まれた散居のたたずまいが広がっています。

奥州市のいいトコ!!

奥州市で憩い・楽しむ

水沢VLBI観測所

国立天文台の中では、現存する一番古い観測所のひとつで、明治32
(1899)年以来、観測を行っています。
見学の際は、奥州宇宙遊学館にお越しください。

所在地 奥州市水沢星ガ丘2-12
電話番号 0197-22-7111

田んぼアート

夏の盛りとなる7月、色の違う稲を植え分けて模様を描く「田んぼアート」が水沢で見られます。平成20年に地域おこしの一貫として地元有志がはじめ、いまでは多くの人が訪れる場となりました。

所在地 奥州市水沢佐倉河字北田

衣の滝

高さ15メートル、幅14メートルの2段になって流れおちる滝です。滝壷のそばに岩穴があり、慈覚大師が衣を干した伝説が残る「藍壷(あいつぼ)」があります。この滝の名が「衣川」という地名の由来になったとも言われています。

所在地 奥州市衣川増沢

奥州市の名所・文化

長者ヶ原廃寺跡(ちょうじゃがはらはいじあと)(世界遺産候補地)

約1000年前に建てられた寺院の跡。発掘調査により、3棟の礎石建物とそれらを囲む築地塀が発見されました。建物の中心を結んだ延長線が関山の山頂に向かっているため、関山の山頂を基準にして造られたと考えられています。
平泉に中尊寺が建立される以前から衣川に仏教文化が華開いていたことを伝える重要な遺跡です。

所在地 奥州市衣川田中西

黒石寺(こくせきじ)

東北地方屈指の古刹で、薬師如来坐像を始め四天王立像と僧形坐像も重要文化財に指定されています。本尊の薬師如来は、人びとの病を治し、現世利益をもたらす仏であり、黒石寺は平泉藤原氏の時代にも鎮魂や息災を願う重要な寺院であったと考えられています。

所在地 奥州市水沢黒石町字山内17
電話番号 0197-26-4168

豊田館跡(とよたのたちあと)

江刺・胆沢平野を一望できる丘陵上にあり、藤原清衡の居館跡と伝えられています。その一画には豊田館であることを伝える石碑が建立されています。

所在地 奥州市江刺岩谷堂字下苗代沢

奥州市の特産・名物

江刺りんご

その食味と品質の高さから最高級品として取引される「江刺りんご」はここ数年の初セリでは、1箱130万円(28個入り)の値がつくほど。完全無袋で太陽の日差しをふんだんに浴びて育ったリンゴは、色づきも良く糖度も抜群。甘さと酸味のバランスが取れた味わいが人気です。

前沢牛

黒毛和牛の最高峰「前沢牛」は、鮮やかな霜降り、とろけるような舌触り、豊かな風味と、美味な牛肉の条件をすべて揃えている「味の芸術品」。上質な牛肉は、焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキなど、どんな料理でも最高の味わいを与えてくれます。

胆沢のピーマン

岩手のピーマンは出荷量で全国5位、その中でも胆沢のピーマンは夏秋産地としてトップクラスの出荷量と高品質を誇っています。

奥州市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

奥州市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版