わが街イイトコ!!

宇多津町特集

[香川県]

宇多津町は、瀬戸内海に面した香川県のほぼ中央にあります。東は坂出市、西は丸亀市に接する、総面積8.10平方キロメートルの町です。7世紀後半には、海上交通の港(津)、「鵜足の津(うたりのつ)」と呼ばれる自然港ができており、室町時代には第3代将軍足利義満の側近であった細川頼之公の居館が置かれ、四国管領の中心地として栄えました。
また、温暖で雨が少なく、日照時間が長いという瀬戸内式気候を利用して、江戸時代中期から昭和47年の塩田廃止まで、全国屈指の塩のまちでした。こうして、古くから政治、経済、文化の拠点として発展を遂げてきた宇多津町は、人類の英知と結晶と言われた瀬戸大橋架橋を機に、土地区画整理事業が行われ住・労・買・憩を兼ね備えた町へと生まれ変わりました。天気のいいときは、瀬戸内海に浮かぶ島々や、岡山県側も望むことができます。四季を通じて、多島美で知られる瀬戸内海に沈む夕日で赤く染まる絶景のパノラマを楽しむことができます。

宇多津町のいいトコ!!

わが街いいトコ!!宇多津町で憩い・楽しむ

復元塩田・釜屋

江戸時代初期に開発され、およそ半世紀前まで存在した入浜式塩田を復元。国内でも貴重な塩田と茅ぶき屋根の釜屋で、昔ながらの塩づくりを体験できます。

電話番号 0877-49-0860

宇多津 古街の家

明治元年と昭和5年に建てられた町家を古民家再生のエキスパートとして知られる東洋文化研究家アレックス・カー氏の監修で改修。梁や欄間などの古民家の良さを残しつつ、オール電化のキッチンやヒノキ風呂など、使いやすい現代の様式にリフォームされています。キッチンには調理器具一式があり、自炊が行える他、ケータリング料理を手配することもできます。

所在地 宇多津町2126-1
電話番号 0877-85-6941

聖通寺山山頂展望台

車で気軽にアクセスできるビュースポット。展望台からは海へと続くダイナミックな瀬戸大橋や街を眺められます。「恋人の聖地」にも認定されており、展望台のフェンスにはカップルたちがかけた「誓いの鍵」がいっぱい。春には桜の名所となります。また、「日本の夜景100選」「日本夜景遺産」にも認定されています。

所在地 宇多津町2719-1(聖通寺山山頂)

わが街いいトコ!!宇多津町の名所・文化

宇夫階神社

紀元前より津之郷に鎮座していましたが、大同2年(807年)に現在の場所に遷座し、平成19年に遷座1200年を迎えました。
社殿は昭和48年火災で焼失しましたが、昭和51年に伊勢神宮の外宮第一別宮である多賀宮御正殿を拝戴しました。多くの建物が国の登録有形文化財に登録されているほか、町指定の天然記念物「巨石と御膳岩」もあります。

本妙寺

室町時代創建の法華宗の寺で、讃岐6番神の1つです。境内を上がっていくと、日蓮大聖人並びに日隆聖人の大銅像が目につきます。また350年以上前の蘇鉄、城跡のなごりをもつ石垣のほか日隆聖人の手掘りの井戸と伝えられる鳳凰霊水など多くの見どころがあります。

木造千手観音立像

檜材一木造り、漆箔の像で頭の頂上に仏面、髷と地髪に11面の化仏を2段につけ、正面に如来形の立像をいただき、合掌・宝鉢の御手をはじめ脇手を合わせて42本の腕をつけ、両足をそろえた千手観音の立像で、 藤原時代初期の作です。

わが街いいトコ!!宇多津町の特産・名物

宇多津古代米讃岐うどん

地元特産の古代米の米粉を含み、古代米特有のモチモチ感をさらに引き出すため、入浜式天然にがりを使った他にはないうどんに仕上がっています。

宇多津のポンせん(しょうゆ味・塩味)

宇多津町特産の古代米を使った、1枚1枚手焼きのせんべいです。しょうゆ味と塩味で昔なつかしい味わいです。

入浜式の塩

入浜式塩田と職人の手で丹精込めて作られる、年間生産量2トンの希少な塩で、まろやかでコクのある味が特徴です。
ほどよい酸味が米の甘みを引き立てるので、おにぎりとの相性も良いです。

宇多津町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

宇多津町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版