わが街イイトコ!!

鎌倉市特集

[神奈川県]

12世紀末、平氏を中心とした朝廷に反旗をひるがえした東国の武士たちを結集した源頼朝は、鎌倉に幕府と呼ばれる政権を樹立しました。武士が自ら政治を行う形は鎌倉で整えられ、19世紀頃まで続きました。13世紀中頃、幕府が若宮大路沿いに移されると、京の制度を移行したまちづくりが行われるようになり、谷も切り開かれて現在のまちの基盤がつくられ、鎌倉は政治、経済、軍事等、あらゆる面で日本の中心になったといわれます。

鎌倉市のいいトコ!!

鎌倉市で憩い・楽しむ

腰越漁港

しらす船びき網、わかめ養殖、小型定置網などの沿岸漁業が主体となっている漁港です。隣接の朝どれ地魚フライ販売所(腰越漁業協同組合)では、アジ・カマスのフライなどを提供しています。

湘南モノレールでG O!

最高速度時速75キロメートルにも達する湘南モノレールは、激しいアップダウンに、トンネル・カーブ・急勾配という上下左右の移動がアトラクションなみに堪能できる路線です。乗るだけでも愉しめる湘南モノレールで各スポットを回ってみましょう。

稲村ガ崎からの展望

鎌倉海浜公園稲村ガ崎地区の高台から富士山と江の島を望む相模湾の景観は「かながわ景勝50選」に指定されています。特に夕焼けの時間帯が人気で、多くの人が赤く染まった眺望を見に訪れます。

マリンスポーツのメッカ

鎌倉市の南部は材木座海岸から、由比ガ浜、稲村ガ崎、七里ガ浜、腰越と海岸線が続き、マリンスポーツを愉しむ人々で賑わうエリアです。真冬の海に多くのウェットスーツ姿が漂い、夏の浜辺には多くのパラソルはそびえ立ち、海岸はいつも喧騒に沸き立ちます。

鎌倉市の名所・文化

鶴岡八幡宮

源頼義が康平6(1063)年に由比郷鶴岡にひそかに京都の石清水八幡宮を勧請したのが始まりといわれています。その後、治承4(1180)年に、源頼朝が現在の地に移しました。承久2(1191)年に正式に石清水八幡宮を勧請し、上下両宮の今の形にしました。大石段上から、若宮大路を中心としたまちが望めるのも、その時からです。頼朝はまちを見下ろしながらどんな国造りを考えていたのか?
そんな想像をしながら参詣するのも楽しいのではないでしょうか。

所在地 雪ノ下2-1-31

建長寺

建長5(禅宗道場。桜の名所としても有名なので、春は大勢の花見客で賑わいます。一番奥にある1253)年に五代執権・北条時頼によって創建された国内初の本格的な半僧坊は天園ハイキングコースへ通じています。

明月院

あじさいと紅葉の名所。梅雨の時期には紫陽花の青色で境内が彩られます。境内には北条時頼の墓所があります。

所在地 山ノ内189

報国寺

「竹の庭」が有名ですが、境内の大銀杏や山門付近の枯山水風庭園、苔むした山道の石段、五輪塔群といった見どころもあります。足利氏と上杉氏の菩提寺として栄えました。

明王院

嘉禎元(1235)年、鎌倉幕府第四代将軍藤原頼経が創建した、鎌倉に現存する唯一の将軍創建の寺。近くには、源実朝創建の大慈寺跡や大江広元墓と伝わる石塔があります。

鎌倉市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

鎌倉市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版