わが街イイトコ!!

川崎市特集

[神奈川県]

市の最も東側に位置する川崎区は、3つの地区と臨海部の埋立地で構成されており、産業・歴史・文化を感じられる地域資源が豊かなエリアです。市の玄関口である川崎駅東口周辺には官公庁が集積し、中心市街地としての都市機能を有しています。一方、臨海部は先端産業都市の中核として成長を続けながら工場が作り出す夜景が話題となり、「工場夜景ブーム」発祥の地として知られています。

川崎市のいいトコ!!

川崎市で憩い・楽しむ

工場夜景

多数の工場が密集し、独自の景観を形成する臨海部の京浜工場地帯は、夜を迎えるとさまざまなプラントに明かりが灯り、幻想的な夜景へと変貌します。バスツアーやナイトクルーズなどが開催され、全国から多くの観光客が訪れます。

電話番号 044-544-8229(川崎市観光協会)

ラゾーナ川崎プラザ

JR川崎駅西口に直結する大型複合商業施設。おしゃれなセレクトショップや大型家電量販店、フードコート、スポーツクラブ、シネマコンプレックスなど、生活に欠かせないお店や娯楽施設が集結しています。

所在地 堀川町72-1
電話番号 044-874-8000

夢見ヶ崎動物公園

加瀬山山頂付近にある市営の動物園。ハートマンヤマシマウマ、フンボルトペンギン、レッサーパンダ、マーコールなど50種類以上の動物たちが飼育されており、年中無休で入場も無料。ペットも入園可能なので散歩ついでに寄ったりできる施設でオススメです。

所在地 南加瀬1-2-1
電話番号 044-588-4030

川崎市の名所・文化

橘樹官衙遺跡群(たちばなかんがいせきぐん)

橘樹官衙遺跡群とは、古代武蔵国の橘樹郡におかれた役所跡(橘樹郡家跡(たちばなぐうけあと))と、その西隣に営まれた古代寺院跡(影向寺(ようごうじ)遺跡)からなり、2015(平成27)年3月10日に川崎市初の国史跡に指定されました。橘樹官衙遺跡群の保存活用を目的に、「たちばな古代の丘緑地」を一般開放しています。

アクセス バス停「千年」より徒歩約10分

日本民家園

古民家の野外博物館で25の文化財建造物やそこでの暮らしを、豊かな自然の中で見学できます。伝統工芸館の藍染体験も人気で、身近な道具を使って、誰でも気軽に楽しめます。

所在地 枡形7-1-1、工芸館:枡形7-1-3(ともに生田緑地内)
電話番号 044-922-2181、工芸館:044-900-1101

岡本太郎美術館

「太陽の塔」で知られる岡本太郎氏の美術作品や資料などを所蔵する美術館。展示品は絵画・彫刻が中心ですが、両親の岡本一平・かの子の資料なども閲覧できます。
ひときわ存在感を放つ約30メートルのシンボルタワー「母の塔」は圧巻です。

所在地 枡形7-1-5(生田緑地内)
電話番号 044-900-9898

川崎市の特産・名物

のらぼう菜

多摩川梨

禅寺丸柿

ほうれん草

川崎市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版