わが街イイトコ!!

大磯町特集

[神奈川県]

大磯町は神奈川県の中央南部に位置し、北と東は平塚市、西は二宮町と接しています。北部は自然林の丘陵地帯、南部は相模湾に面した、温暖な気候と豊かな自然に恵まれた町です。「大磯町に行ってみたい」「大磯町に住んでみたい」「大磯町に住み続けたい」という声が聞こえてくるようなまちづくりを目指しています。

大磯町のいいトコ!!

大磯町で憩い・楽しむ

照ヶ崎海岸

大磯の名勝地、照ヶ崎。富士の見どころスポットでもあり、海・富士・箱根連山・アオバトをカメラに収めていく人が多くみられます。アオバトの飛来地として県の天然記念物に指定されています。

高麗山(こまやま)

大磯町と平塚市の境にある、標高168メートルの緑あふれる山。大磯駅からハイキングルートを楽しめます。江戸末期まで山全体が霊域として保護されていたため、貴重な広葉樹の原生林が残り、珍しい野草や蝶、野鳥と出会えることも。県天然記念物と「21世紀に残したい日本の自然100選」に選ばれました。

鷹取山

標高219メートルと町で一番高い山。県文化財指定のワイルドな自然林や、神奈川の名木100選に選ばれている大タブノキ(切り株)があります。参道の中間から山頂にかけては常緑広葉樹林が広がり、「関東ふれあいの道」のハイキングコースにも制定されています。

大磯町の名所・文化

旧吉田茂邸

内閣総理大臣を務めた吉田茂が暮らした邸宅。2009年に焼失しましたが、再建され、2017年より一般公開されています。生前、吉田は家を訪れる人々が「海も山も眺められて結構な住まいだ」と褒めたことなどから、この館を「海千山千荘」と呼んでいたそうです。

善福寺

親鸞聖人の高弟の一人、平塚入道によって開基されたお寺。写真の「木造伝了源坐像(親鸞聖人坐像)」は国指定重要文化財です。

澤田美喜記念館

エリザベス・サンダース・ホームを創設した澤田美喜は、隠れキリシタンの遺物の収集家としても大きな業績を残しました。彼女が自ら巡り歩き殉教者の子孫から集めた872点もの展示物が、250年以上に及ぶ弾圧下で信仰を守った隠れキリシタンの歴史を伝えています。

大磯町の特産・名物

みかん

町の北西部の丘陵地帯では、古くからみかん栽培が盛ん。湘南ブランドのハウスみかん『湘南の輝き』は、ほかの品種より少し早い6月中旬~8月中旬に旬を迎えます。糖度12度以上と酸味が少なく、あまいため、お取り寄せやご進物にも人気です。

マコモタケ

9月末~10月に収穫される、イネ科の野菜。シャキシャキした歯ざわりと、ほのかな甘みが特徴で、生でサラダに、油と相性が良いので炒めもの・揚げ物におすすめです。

赤玉ねぎ

水分たっぷりのみずみずしさと、シャキシャキした食感が特徴で、生でもおいしく食べられる玉ねぎです。大磯は県内有数の生産地となっています。

大磯町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

大磯町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版