わが街イイトコ!!

京田辺市特集

[京都府]

京田辺市は、東には木津川が悠々と流れ、西には生駒山系に連なる甘南備山が控える、豊かな自然に囲まれたまちです。
古くから交通の要衝として栄えた本市は、南山城地方の行政・経済・文化の中心地として発展してきました。近年は、大規模な宅地開発や交通網の整備、学研都市の建設にともない、市の人口が増加。現在も活気に満ちたまちづくりが着々と進行中です。

京田辺市のいいトコ!!

京田辺市で憩い・楽しむ

全国玉露のうまい淹れ方コンテスト

文字どおり“玉露のうまい淹れ方”ナンバーワンを決める全国大会で、京都府大会(地区予選)は毎年京田辺市で開催しています。大会開催の目的は、丹精込めて創られた日本茶最高級茶種「玉露」を、相手を想いながら美味しく淹れる楽しさを感じ、深い香りと味わいなどの魅力を知っていただくこと。子どもから大人まで幅広い世代が参加し、自慢の腕を振るっています。

ツアー・オブ・ジャパン 京都ステージ

毎年5月に、アジア最大級のUCI公認国際自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」京都ステージが開催され、京田辺などを舞台に熱戦が繰り広げられます。玉露のおもてなしをするなど、地域全体で盛り上がります。

所在地 普賢寺ふれあいの駅

山本の百味(ひゃくみ)と湯立(ゆだて)

穀物や豆類、野菜類など100種以上が神前に供えられ、夜になると巫女が神楽を舞い、煮立った釜の湯を集まった人々に振りかけ無病息災を願う。

所在地 佐牙神社の山本御旅所(寿宝寺前)

京田辺市の名所・文化

普賢寺の菜の花畑

観音寺へと続く参道の両脇に広がる菜の花畑は、見ごろを迎える4月初旬になると一面に黄色い絨毯のように美しい光景が広がります。期間中は、菜の花摘みを楽しむこともできます。

田辺公園ヒコーキランドの滝桜

国の天然記念物である三春滝桜(福島県三春町)から株分けされた滝桜です。

酬恩庵(しゅうおんあん)一休寺

大応国師によって、禅の道場として草創された妙勝寺がはじまり。一休禅師が88歳で示寂されるまでの晩年を過ごしたことで、通称「一休寺」と呼ばれています。境内は四季それぞれに風情があり、多くの人が訪れます。

京田辺市の特産・名物

手作りみそ 

手作りおかし

お濃茶ロール

京田辺玉露

京田辺市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

京田辺市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版