わが街イイトコ!!

向日市特集

[京都府]

本市は、京都府の南西部に位置し、市域面積は7.72平方キロメートルで、市の北部と西部は、京都市西京区、東部は、京都市南区、伏見区と三方を京都市に、南部は長岡京市に接し、大山崎町を経て大阪府に至ります。
地形は西部一帯に標高35メートルから80メートルの向日丘陵が南北に細長く横たわり、丘陵の竹林からは多くのたけのこが産出され、乙訓のたけのことして全国にその名を知られています。
市の中心部は住宅街を形成し、東部は平たんで耕地が多く、交通機関も集中していて、東西約1.2キロメートルの間に名神高速道路・国道171号・JR東海道新幹線・JR東海道本線・阪急電鉄京都線が通り、JR西日本の吹田総合車両所京都支所もあります。
気候は、おおむね温和で京都市内の盆地気候よりもしのぎやすくなっています。

向日市のいいトコ!!

向日市で憩い・楽しむ

西国街道

京都の東寺口を起点とし、中国・九州の西国へと通ずる古くからの幹線道路で、沿線には史跡が数多く残されている歴史ある街道です。

桜の径(みち)

阪急西向日駅南東の桜並木が広がる閑静な住宅街にあり、噴水公園を中心に街並みの景観を生かした散歩道として整備されています。

竹の径「かぐやの夕べ」

向日市北西部にある「竹の径」と第6向陽小学校周辺、京都市洛西竹林公園で開催されます。竹林に竹垣が連なる散策道「竹の径」に、水ろうそくを浮かべた4,500本を超える竹行灯からやさしい灯りが漏れ、辺り一面が幻想的な雰囲気につつまれます。そのほかにも、楽器の演奏や飲食・物販ブースなどもあります。

向日市の名所・文化

向日神社

本殿や同神社所有の「紙本墨書『日本書紀』神代紀下巻」は国の重要文化財、境内社13棟は国の登録有形文化財など歴史の宝庫です。

物集女車塚古墳(もずめくるまづかこふん)

全長約46メートルの古墳時代後期(6世紀中頃)の前方後円墳です。出土遺物には、埴輪、須恵器、土師器、馬具、刀剣類、装身具などが多くあります。

寺戸大塚古墳(てらどおおつかこふん)

全長約98メートルの古墳時代前期(4世紀頃)の前方後円墳です。後円部は直径58メートル、高さ10メートルであり、発掘調査により三角縁神獣鏡のほか、多くの鏡が出土しています。

向日市の特産・名物

たけのこ

向日市のたけのこは、肉質が厚く、歯ざわりも良い最高の品質を誇っています。なかでも「白子」と呼ばれる幻のたけのこは最高級品として取引されています。エグ味も少なくやわらかいので、ゆでてそのまま食べるのもよし、煮物、酢の物、炒め物など調理法はいろいろです。

なす

ツヤツヤした肌がはちきれんばかりのなすは品質のよさから人気です。

懸崖菊(けんがいぎく)

80年あまりの伝統があり、現在は「畦立て栽培」で近畿唯一の生産地として知られています。

向日市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

向日市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版