わが街イイトコ!!

松阪市特集

[三重県]

松阪市は、三重県のほぼ中央に位置し、東は伊勢湾、西は台高山脈と高見山地を境に奈良県に、南は多気郡、北は雲出川を隔てて津市に接しています。
地形は、西部一体が台高山脈、高見山地、紀伊山地からなる山岳地帯、中央部は丘陵地で、東部一帯には伊勢平野が広がり、北部を雲出川、南部を櫛田川が流れています。
面積は、東西50キロメートル、南北37キロメートルと東西に長く延び、総面積は623.66平方キロメートルで、三重県全体の約10.8パーセントを占めています。

松阪市で憩い・楽しむ

MAPみえこどもの城

こどもたちが様々な体験を通して、楽しみながら学べる施設です。プラネタリウムや大型ドーム映画、科学実験、アートクラフトなどの体験ができます。プレイランドでは、小さなお子様から大人まで楽しめ、高さ7メートルのクライミングウォールもあります。

電話番号 ☎23-7735

松阪農業公園ベルファーム

3つの池(鬼ケ窪池・笊池・四郷池)を中心に自然道を一部ビオトープとして整備。池の堤には色とりどりの花が咲き、自然を満喫しながら約1.3キロメートルの遊歩道を散策できます。それぞれに特徴ある9つのコーナーからなるイングリッシュガーデンでは、植物の生長に沿って変化する草木花や、その時々の自然の表情を楽しめます。

電話番号 ☎63-0050

松阪市森林公園

木の香りただよう自然豊かな森林公園です。ログハウス調の食堂やバンガローがあり、ジャンボ鉄板でバーベキューや薬膳料理も楽しめます。展望台からは市街地が一望でき、天気の良い日は富士山まで見えることも。桜の時期は多くの花見客でにぎわいます。

電話番号 ☎58-0040

松阪市の名所・文化

松坂城跡

松坂城は、天正12年(1584年)、羽柴秀吉により松ヶ島城に封ぜられた蒲生氏郷が、飯高郡矢川庄四五百の森の独立丘陵に築城し、同16年(1588)に入城した平山城です。誇らしげにそびえ立つ石垣は、松阪のシンボル的存在。桜や藤、銀杏が石垣を彩り、四季を通じて市民に親しまれています。城跡からは城下町の面影を残す町並みを一望できます。

旧長谷川邸

旧長谷川邸は、江戸時代の江戸店持ち伊勢商人の中で、その本拠地が現存し、かつ、江戸時代からの建物群、土蔵に収蔵されている膨大な資料、明治以降に殿町に造られた庭園などから、江戸時代から近代にかけての豪商の様子を知ることができる重要な文化財です。

本居宣長旧宅

宣長が12歳のときから亡くなる72歳まで住居としていた家です。魚町にあったものを、明治42年松坂城跡の現在地に移築しました。書斎は、名声があがりはじめた53歳の時、物置を改造したものです。その床の近くに36個の鈴を掛けたことにちなみ、この書斎を鈴屋と命名しました。宣長の主な著作はこの部屋で書かれたのです。

所在地 殿町 松坂城跡内

松阪市の特産・名物

松阪牛
日本を代表するトップブランド

松阪牛は、優れた資質、行き届いた肥育管理によって日本一の肉牛として認められ、味のすばらしさは「肉の芸術品」として全国、世界から賞賛されています。

深蒸し煎茶

温暖な気候と豊な土質、櫛田川が生む朝霧に恵まれ、最高級の深蒸し茶がつくられます。
全国でも高い評価を得ています。

青さのり

三重県は全国一位の生産量であり、松阪はその中でトップクラスです。健康志向の方から注目され、味噌汁や酢の物、天ぷら、佃煮など幅広く食されています。

松阪市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

松阪市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版