わが街イイトコ!!

広陵町特集

[奈良県]

広陵町は、奈良盆地の中西部にあり、大都市である大阪市へ直線距離約30キロメートルに位置しています。交通の利便性が高いことから、真美ヶ丘ニュータウン開発以降人口が急増し、奈良県で最も人口の多い町になりました。
町は、箸尾駅を中心として発展してきた北部地域、地元の靴下産業が息づく西部地域、のどかな田園風景が広がる東部地域、閑静な住宅街が広がる真美ヶ丘地域と大きく4つに分けられます。
町西部の「馬見古墳群」には多くの古墳が点在し、歴史ロマンあふれる景観が広がります。広々とした敷地の「竹取公園」は、四季の花と緑が美しい町民憩いの場。真美ヶ丘ニュータウンを南北に走る「かつらぎの道」は緑豊かな遊歩道です。広陵町は、暮らしの中で自然を感じることができる町です。

広陵町のいいトコ!!

広陵町で憩い・楽しむ

広陵かぐや姫まつり

中秋の名月のもと、竹灯りに揺らぐ幻想的な灯火。平成7年から始まった「広陵かぐや姫まつり」は、竹取公園で2日間にわたって開催される、人気のイベントです。町の友好交流都市福井県美浜町の物産展や各種模擬店などの催しも行われます。

馬見丘陵公園

歴史と自然に囲まれた憩いの空間を目指し、馬見古墳群の中央群がある丘陵の東部、広陵町、河合町にまたがる地域に開園した都市公園。日本で2番目に大きい帆立貝形古墳の乙女山古墳や、築造当時の様子と現在の状態を比べられるように復元整備したナガレ山古墳などがあります。

広陵パークゴルフ場

道具やルールがシンプルで、子どもから高齢者まで、幅広く利用できるパークゴルフ。百済にある広陵パークゴルフ場は、18ホールを備え、「ふれあい、健康、交流」をキーワードに、美しいグリーンの上で、幅広い世代が交流し、楽しんでいます。

広陵町の名所・文化

百済寺三重塔

聖徳太子が開いた熊凝精舎を前身とする日本初の官寺「百済大寺」の伝承地。優美な姿でそびえる三重塔は、鎌倉時代の建立と伝えられる重要文化財です。本堂は大織冠と呼ばれ、談山神社の本殿を移築したもので毘沙門天像、十一面観音立像がまつられています。

所在地 大字百済1411番地2

巣山古墳

馬見丘陵の中央部に位置する大型前方後円墳で、墳丘全長220メートル、左右のくびれ部に造り出しを設け、周囲には水を湛えた周濠と外堤が巡ります。埋葬施設は後円部中央に竪穴式石室2基、前方部にも石室があります。出土品は、玉類、腕飾類、鏡、冠等多数あり、周濠からは『古事記』に記された「喪船」(遺骸を載せる船)も出土。当地域で最大級の古墳です。

牧野(ばくや)古墳

丘陵奥部にある直径約50メートルの大型円墳で、墳丘は三段築成で造られ、二段目には全長17.1メートルの大型横穴式石室が開口しています。墓室である玄室には奥壁に沿って横向きに家形石棺が置かれ、副葬品として金環と各種の玉類、馬具二組分が出土しています。銀装の太刀と400本近い鉄製のやじり、58点の須恵器が発見されています。6世紀末葉の古墳で押坂彦人大兄皇子(舒明天皇の父)の成相墓とされています。

広陵町の特産・名物

広陵蔵

広陵町の水は吉野川分水の軟水。底冷えがする冬の寒さもおいしい日本酒を造るのに適しています。江戸時代創業の造り酒屋をルーツに持つ長龍酒造が、この地で酒造りを始めたのは昭和54(1979)年。翌年には全国新酒鑑評会で奈良県の金賞を受賞しました。

プラスチック

昭和30年代前半に数軒だったプラスチック製造の事業所が、昭和40年代以降、プラスチック製品の急増と共に発展。積極的な設備投資と商品開発によって高品質な製品を生み出し、広陵町にプラスチック産業がしっかりと根づきました。現在は、日用雑貨品、食品用容器、医療用器材などを製造し、世界市場への展開も進めています。

なす

広陵町の豊かな水と肥よくな土壌を生かし、町を代表する特産野菜として、主に近畿圏の大都市へ年間を通して出荷されています。現在はより一層の生産性向上や、「サラダなす」など新しい品種も加えたブランド化に取り組んでいます。

広陵町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

広陵町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版