わが街イイトコ!!

奈良市特集

[奈良県]

奈良市のいいトコ!!

奈良市で憩い・楽しむ

若草山焼き

奈良市内を見下ろす奈良のシンボル、若草山で行われる冬の代表的行事。冬の古都の夜空を赤々と染め上げ、山全体が浮かび上がるさまは壮観です。伝統行事としてはもちろん、火災予防のための役割も果たしています。

奈良市内の桜

4月になると市内にはたくさんの桜が咲き誇ります。佐保川両岸から伸びる桜並み木の織りなすアーチは圧巻。江戸末期の奈良奉行・川路聖謨が植えた樹齢160年を超える川路桜も見どころの一つです。

なら燈花会

古都の夜を幻想的に彩る灯りのイベント。奈良公園に広がる8つのエリアで20,000本以上のろうそくが美しい灯の花を咲かせます。見るだけでなく、参加型の「一客一燈」もあり、夏の夜を楽しむことができます。

奈良市の名所・文化

興福寺

藤原氏の氏寺として建立されました。たびたびの火災で堂塔は焼失しましたが、そのたびに再建され、伽藍を保ってきました。鎌倉時代再建の北円堂・三重塔、室町時代再建の五重塔・東金堂の4棟が国宝です。

東大寺

聖武天皇の発願で建立され総国分寺の役割を担いました。盧舎那仏坐像(大仏)を安置する金堂(大仏殿)、聖武天皇遺愛の宝物を納めた正倉院正倉など、広大な境内には数多くの国宝建造物が点在しています。

薬師寺

天武天皇が皇后(持統)の病気平癒を祈願して藤原京に建立。遷都によって平城京に移されました。白鳳様式で建てられた奈良時代の東塔(国宝)は、優美。ほかの国宝建造物に鎌倉時代再建の東院堂があります。

奈良市の特産・名物

大同元年(806年)、空海が唐から製法を持ち帰り、興福寺二諦坊で作ったのが始まりです。今日でも、全国シェアの約90パーセントを奈良が占めています。

蚊帳

蚊帳は唐より伝わり、江戸時代の中ごろから「邑地(おおじ)蚊帳」が知られていました。明治10年綿蚊帳が製造され、奈良蚊帳発展のもととなりました。

奈良瓦

わが国の瓦発祥の地であり、1400年にわたる奈良の瓦の技術と伝統を受け継ぎ、時代に生き残る瓦が作られています。

奈良市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

奈良市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版