わが街イイトコ!!

大淀町特集

[奈良県]

明治22年に町村制が実施され、20村が合併して「大淀村」が誕生しました。その後、大正10年2月11日に町制が施行されて「大淀町」となり、現在に至ります。

大淀町のいいトコ!!

大淀町で憩い・楽しむ

福神中央公園

近鉄福神駅から徒歩約5分。全長約64メートルのすべり台が子どもたちに人気。広大な芝生も備えているので、行楽スポットとしても最適です。

所在地 大淀町福神350-5
電話番号 町役場 建設産業課 TEL0747-52-5501

道の駅 吉野路大淀iセンター

吉野杉の持つ木のぬくもりを生かしたこの施設は、奈良県南部の中心的な「道の駅」として知られています。屋根から突き出た2つのトップライトは、修験者の額につける「頭巾(ときん)」をイメージ。情報コーナーでは吉野地方の歴史文化や観光の案内、道路・気象情報の提供を行っています。

大淀町の名所・文化

石神古墳(いしがみこふん)
吉野地域で最大規模の横穴式石室

巨石を積み上げた全長10メートルの石室は、飛鳥の古墳とのつながりを示し、石室から見つかった結晶片岩の棺材や7世紀中ごろの須恵器は、紀ノ川流域との交流をうかがわせます。

蔵王権現堂(ざおうごんげんどう)(今木)

今木地区にある蔵王権現堂には、山門を守護する阿吽(あうん)一対の金剛力士像、権現堂内に安置された石造りの蔵王権現像・役行者(えんのぎょうじゃ)像をはじめ、貴重な修験文化の遺宝が残されています。

世尊寺(せそんじ)
世界遺産「吉野・大峯」へとつながる修験文化発祥の寺院

古くは吉野寺、比曽寺、現光寺、栗天奉寺と呼ばれた世尊寺。「日本書紀」の記録や発掘された瓦などから、少なくとも飛鳥時代(7世記後半)には存在していたと推測されます。国史跡の塔跡、奈良県指定文化財の太子堂や十一面観音像、大淀町指定文化財の縁起絵巻など、数多くの歴史的文化財が残されています。

大淀町の特産・名物

各梨園のこだわりと味の違いを楽しんで

県下一の出荷高を誇る二十世紀梨をはじめ、町を代表する特産品である梨。44ある梨園では、園主がこだわりの栽培技術で梨づくりを行っています。同じ品種でも、各園で異なる梨の味。ぜひ各園を訪問して、自分にあった梨の味を探してみませんか?
大淀町では、8月中旬から10月中旬にかけて、みずみずしく、甘みたっぷりの梨を味わうことができます。毎年、この収穫シーズンには、梨を求めて多くの観光客でにぎわいます。

お茶
温暖な気候が育てた、深い味わい

大淀町中増地区では、温暖な気候を利用して古くからお茶の栽培が行われており、「増茶の里」として知られています。江戸末期には宇治の製茶技術が加わり、大きく発展。現在では製茶の機械化が進み、良質な大和茶の産地として全国に知られています。

ぶどう
たわわに実る、旬の味覚

大淀町では、巨峰をはじめとする高品質なぶどうの栽培が行われています。太陽の光をたっぷり浴びて育ったぶどうは、粒が大きくて甘みが強いのが特徴です。美しい自然の中にある観光農園では、8月中旬から10月末までぶどう狩りを楽しむことができます。

大淀焼
自然を感じる、優しい肌ざわり

大淀焼は、朝日焼窯元14世松林豊斎氏の三男・松林玄衛氏によって作られた、大淀町が誇る名産です。
松林氏は平成元年、大淀町に開窯後、付近の山から採れる質の高い陶土のみを使ったこだわりの作品を作り続けています。

大淀町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

大淀町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版