わが街いいトコ!!和泉市の名所・文化

いにしえから未来まで

和泉市には、全国でも屈指の規模を誇る弥生時代の集落跡・池上曽根遺跡があり、遠い昔からこの地に人びとが住み、生活を営んでいたことがうかがわれます。和泉市周辺は、古くから清水が多く湧き出た所で、「和泉」という地名も、泉井上神社の境内にある「和泉清水」に由来しています。

市街地エリア

葛葉稲荷神社

陰陽師・安倍晴明が信太の森の白狐を母として生まれたという「葛葉伝説」の舞台として知られています。また、「千枝のクス」とも「夫婦クス」とも呼ばれる樹齢約700年のクスの巨木は市天然記念物に指定されています。

所在地 和泉市葛の葉町1丁目11-47
電話番号 0725-45-7306
アクセス JR阪和線「北信太駅」から徒歩5分
関連サイト 信太森葛ノ葉稲荷神社 トップページ


信太の森ふるさと館

信太の森の鏡池史跡公園内にあり、住宅地の中に残された緑のオアシスとして、市民の憩いと交流の場として活用されるよう、展示・講座・学習会などを通じて、信太山の自然、歴史、伝説などを紹介しています。

所在地 和泉市王子町914-1
電話番号 0725-45-0605
アクセス JR阪和線「北信太駅」下車 徒歩約20分、北信太駅筋から南海バス「鶴山台」方面行き「鶴山台センター」下車 徒歩約5分
関連サイト 信太の森ふるさと館


府立弥生文化博物館

平成3年、国指定史跡の環濠集落である池上曽根遺跡の地で開館しました。実物のほか、レプリカや模型、映像などを多角的に活用し、わかりやすい展示をしています。常設展示室は、日本の弥生文化をテーマごとに解説する「目で見る弥生文化」と池上曽根遺跡出土品を中心とした「池上曽根ワールド」で構成しています。これ以外に特別展、企画展を開催する特別展示室が設けられ、さまざまな視点で展示を行い、最新データを発信しています。

所在地 和泉市池上町4-8-27
電話番号 0725-46-2162
アクセス JR阪和線「信太山駅」から徒歩10分
関連サイト 大阪府立弥生文化博物館


池上曽根史跡公園

全国屈指の規模と内容を誇る弥生時代の集落遺跡で、国史跡に指定されています。遺跡中心部で、約80畳の広さを持つ大型建物や、クスの木をくり抜いた直径2メートルの井戸などが発掘されました。史跡公園では、これらを復元し公開しています。

所在地 和泉市池上町213-1
電話番号 0725-45-5544
アクセス JR阪和線「信太山駅」西へ徒歩7分、南海本線 「松ノ浜駅」東へ徒歩20分
関連サイト 史跡池上曽根遺跡/和泉市ホームページ


小栗街道(熊野街道)

摂津・和泉を経て、紀州熊野へと通じる熊野参詣の道です。武士や庶民の参詣も盛んになった室町時代以降は、「蟻の熊野詣」と称されるほど参詣人で賑わったといわれています。浄瑠璃などで知られる小栗判官と照手姫の話から、泉州では「小栗街道」とも呼ばれています。

所在地 和泉市府中町6-8-24
アクセス JR阪和線「北信太駅」より徒歩5分、JR阪和線「和泉府中駅」より徒歩5分


中部エリア

和泉市久保惣記念美術館

和泉市久保惣記念美術館は、和泉市で綿織物業を営んできた久保惣株式会社と久保家から美術品、建物、敷地、基金が市に寄贈され、昭和57年に開館しました。国宝2点、重要文化財28点をはじめとする日本と中国の古美術品を中心に、浮世絵版画、西洋美術などを含む約一万一千点の貴重な作品を収蔵し、さまざまな展覧会を開催しています。音楽ホール、市民ギャラリー、創作教室も併設し、落ち着いた雰囲気の中で、憩いのひとときを過ごしていただける美術館です。

所在地 和泉市内田町3-6-12
電話番号 0725-54-0001
アクセス 泉北高速鉄道「和泉中央駅」下車、南海バス①③乗り場より乗車、(1)「春木川」「若樫」行、 (3)「美術館前」「松尾寺」行(約10分)
関連サイト 和泉市久保惣記念美術館


和泉シティプラザ

2003年(平成15年)4月にオープン。客席数664席を有する多目的ホール『弥生の風ホール』をメインに、和泉市役所の出張所や市立図書館、生涯学習センターなどが入居する公共複合施設となっています。

所在地 和泉市いぶき野5丁目4-7
電話番号 0725-57-6660
アクセス 泉北高速鉄道「和泉中央駅」より徒歩約3分
関連サイト Izumi City Plaza


光明池緑地

光明池を取り囲むように位置された緑地で池の周りを散策できます。光明池は大阪みどりの百選にも選ばれており、光明池大橋から景色も楽しめます。また、公園南側から光明池公園に行くことができます。光明池公園には大ツツジがあり、5月頃には満開のツツジが楽しめます。

所在地 和泉市光明台1丁目44
電話番号 0725-51-2340
アクセス 「和泉中央駅」から車で約10分
関連サイト 光明池緑地運動場/和泉市ホームページ


南部エリア

いずみふれあい農の里

いずみふれあい農の里(和泉市農業体験交流施設)は、農業に関する講座、野菜栽培講習、野菜の収穫体験や収穫した野菜を使った郷土料理、そば打ち体験教室、いちごスイーツ作り教室、つるかご作り体験教室などを行い、農業を通じたレクリエーション活動や健康の増進などを図るための施設です。

所在地 和泉市仏並町2043
電話番号 0725-92-3310
アクセス 泉北高速鉄道「和泉中央駅」からバス「槙尾山口」行に乗車、終点「槙尾山口」下車、徒歩。
関連サイト 和泉市農業体験交流施設 いずみふれあい農の里


槇尾山 施福寺

標高491メートルの槇尾山頂上近くにある天台宗の寺院で、西国三十三ヶ所の第四番札所として広く信仰を集めています。春の桜や秋の紅葉、また山頂からのすばらしい眺めを求めてのハイキング等でも賑わっています。

所在地 和泉市槇尾山町136
電話番号 0725-92-2332
アクセス 泉北高速鉄道「和泉中央駅」から南海バス「槙尾山口」下車 徒歩約1時間
泉北高速鉄道「和泉中央駅」から南海バス「槇尾中学校前」でオレンジバスに乗換え、「槇尾山」下車 徒歩約30分


満願の滝

落差約50メートルの滝。滝の中腹には愛染不動明王(あいぜんふどうみょうおう)、滝壺付近左手には弘法大師、右手には役行者が祀られています。

所在地 和泉市槇尾山町136
電話番号 0725-92-2332(槇尾山施福寺)
アクセス 泉北高速鉄道「和泉中央駅」から南海バス「槙尾山口」下車 徒歩約1時間
泉北高速鉄道「和泉中央駅」から南海バス「槇尾中学校前」でオレンジバスに乗換え、「槇尾山」下車 徒歩約30分


松尾寺

白鳳時代に役行者が如意輪観音(にょいりんかんのん)の像を刻んで安置したことが寺の起こりといわれています。戦国時代、織田信長に敗れ諸堂宇は破却されましたが、豊臣秀頼により再建されました。国の重要文化財に指定されている「如意輪陀羅尼経(にょいりんだらにきょう)」、「孔雀経曼荼羅図(くじゃくきょうまんだらず)」等多くの文化財が保存されています。また、府天然記念物に指定されているクスは、市内最大の巨木で、樹齢約700年、高さが38メートルあります。

所在地 和泉市松尾寺町2168
電話番号 0725-54-0914
アクセス 泉北高速鉄道線「和泉中央駅」から南海バス「松尾寺」下車徒歩約10分、阪和道「岸和田和泉IC」から車で約10分


和泉市
イベントカレンダー

1月
信太山クロスカントリー大会
4月
黒鳥山公園桜まつり
10月
和泉弥生ロマン・ツーデーウオーク
10月
和泉だんじり祭り
10月
和泉市商工まつり 農林業祭&都市緑化・上下水道フェア

和泉市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

協賛事業者一覧

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版