わが街イイトコ!!

門真市特集

[大阪府]

門真市は、戦後の高度成長期に、水郷地帯から現在の産業都市へと移行。コンパクトな市域には7つの駅があり、近畿自動車道・第二京阪道路などの幹線道路も走り、交通の利便性が大変よいまちです。

今後、わがまち門真を、子育て・教育施策の充実や生きがいのある暮らしの応援、安全・安心に暮らせる住環境づくりなどを推し進め、市民の皆様に誇りと愛着を持っていただけるよう、しっかりと市政運営を進めてまいります。

門真市のいいトコ!!

わが街いいトコ!!門真市で憩い・楽しむ

弁天池公園

「水と緑」のシンボル拠点として近隣にないスケールの大きな公園です。

所在地 岸和田1丁目8-2
電話番号 072-882-1474

四宮公園

運動公園以外にパーゴラや遊歩道などもあります。

所在地 四宮4丁目4
電話番号 土木課 06-6902-6487

中塚荘(市民交流会館)

門真市初代市長、故・中塚種夫氏のご子息により、中塚氏ゆかりの土地・家屋が市民交流の場として寄贈されました。

所在地 月出町11-1
電話番号 06-6907-8101

門真市立図書館

本・雑誌・AV資料の貸出や調べものをすることができます。絵本の読み聞かせなどのイベントも開催しています。

所在地 新橋町3-4-101
電話番号 06-6908-2828

門真市民プラザ

生涯学習・青少年活動・スポーツ・子育て・公益活動支援など多目的な施設を備えています。図書館市民プラザ分館もあります。

所在地 北島546
電話番号 生涯学習センター 072-887-6682

わが街いいトコ!!門真市の名所・文化

門真に人々が住み始めたのは今から約3,500年前。平成元年、西三荘遺跡の発掘調査で発見された縄文時代後期の土器から明らかになりました。河内平野中央部の低湿な池沼地を除いて、ほぼ現在見られる集落が成立したのは、鎌倉・室町時代。江戸時代には古川の流れも定まり、京都や大阪に近い立地の重要性から市内の約8割以上が天領となり、直接、幕府の支配を受けました。豊かな水郷農村として近世集落が形成され、江戸時代の後期には菜種や木綿の栽培も活発になってきました。そして明治43年、京阪電車の開通で門真の様子は一変。道路の整備とも相まって工場などの誘致が進んで産業の発展をみます。

砂子水路の桜

砂子水路は三ツ島東部を南北に縦断する水路です。水路の両岸に約200本のソメイヨシノが植えられ、春には市内で一番の桜の名所になります。

伝茨田堤

古事記・日本書紀に記述がみえる最古の堤防跡と推定されます。5世紀頃、淀川の洪水を防ぐため、渡来人などの技術を用いて築かれたようです。

古川遺跡

平成10(1998)年、保健福祉センターの建設工事に先立った発掘調査で、弥生時代の方形周溝墓が、甕、壺、鉢などと共に出土しました。

元町遺跡

古墳時代~中世の集落遺跡。掘立柱の建物跡や須恵器・土師器・製塩土器が大量に出土しました。

門真市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

門真市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版