わが街イイトコ!!

柏原市特集

[大阪府]

柏原市は、大阪平野の南東部、大阪府と奈良県の府県境に位置し、市域の3分の2を山が占め、中央部を大和川が流れています。大阪の中心部からわずか20キロメートル程の距離にもかかわらず、山や川などの多彩な自然環境に恵まれた府下でも有数の緑豊かなまちとなっています。
山麓にはブドウ畑が多く、夏から秋にかけては、ブドウ狩りが盛んに行われています。また、このブドウからできたワインは、柏原地ワインとして知られています。

柏原市のいいトコ!!

柏原市で憩い・楽しむ

大和川

大和川河川敷から見る夕日はとても美しく、フォトジェニックなスポットとなっています。4月末から5月初めにかけての「こいのぼりまつり」では、100匹以上の色鮮やかなこいのぼりが、大和川にかかる約200メートルの水管橋に一列に連なり、優雅に泳ぎます。冬になると大陸からユリカモメが飛来し川面を舞う姿が見られます。

市立玉手山公園

春は梅や桜、初夏は新緑とツツジ、秋には紅葉など、園内には自然がいっぱい。アスレチック風の大型組み合わせ遊具や、ちびっ子ゲレンデもあり、子どもから大人まで楽しめる公園です。

スマイルランド(竜田古道の里山公園)

展望台からは大和平野が一望できる憩いの場。市民ボランティアによる植樹で、桜、梅、桃など1000本を超える花木が植えられています。

柏原市の名所・文化

築留二番樋

明治21年頃、大和川から長瀬川農業用水路として取水する目的で築造されました。イギリス積みと呼ばれるレンガ積みのアーチ型樋門です。

大坂夏の陣 古戦場跡

玉手山丘陵から大和川にかけての一帯は、大坂夏の陣で徳川方・豊臣方が激突した「道明寺の戦い」(小松山の戦い)の古戦場です。この戦いで豊臣方を率いていた後藤又兵衛は傷を受けて戦闘の指揮がとれなくなり、切腹したと伝えられています。玉手、片山一帯には、後藤又兵衛の碑のほか、両軍戦死者の供養塔、夏の陣の碑などが建てられています。

石神社・智識寺跡

石神社は、太平寺の小高い丘陵の山腹にあり、高い石段を登った静かなところに社殿があります。祭神は欽明天皇の皇后、石姫皇后で式内社です。神社の鳥居前の楠は、樹齢700~800年と推定される府の天然記念物。境内には、奈良時代の名刹であった智識寺の東塔の礎石があり、これは府の文化財に指定されています。

柏原市の特産・名物

ぶどう

ぶどうが本格的に栽培されるようになって100年以上。現在は、市内通称東山などを中心に約300軒の農家が栽培し、総収穫量は約2,000トンに達しています。
柏原のワインは、大正10年ごろ、市場出荷に適しないぶどうを加工して販売したのが最初と言われています。現在も高品質のワインを生産し好評を得ています。

みかん

味が濃く、酸味と甘みがしっかりある柏原産の温州みかん。最近では、農家と飲食店が協同して「柏原産を使ったオリジナルメニュー」の開発に取り組むなど、ぶどうに次ぐ特産物として注目されています。

浴衣

布地の染色が始まったのは明治の末期から大正のはじめごろ。柏原の浴衣の生産量は最盛期には全国生産量の約25%(約250万反)を占めていました。生産量は大幅に減少しましたが、注染の技法による染色の伝統産業は今も残っています。

柏原市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

柏原市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版