わが街イイトコ!!

みやき町特集

[佐賀県]

本町は、北部九州の中央に位置しており、脊振(せふり)山系に源を発した寒水川(しょうずがわ)、切通川(きりとおしがわ)などが、なだらかな丘陵地帯と田園地帯を流れて筑後川に注いでいます。本町は、筑紫平野の穀倉地帯の一部として重要な役割を担っており、人々が住みやすい環境に恵まれた地域です。佐賀県東部の中核都市鳥栖市や福岡県久留米市に隣接していることもあり、近年は良好な自然環境を生かした生活圏としても注目されています。

みやき町のいいトコ!!

みやき町で憩い・楽しむ

ハゼの紅葉

鷹取山の中腹には、藩政期末ロウソクを作るためにハゼの木が植えられていました。現在もその名残りで約400本のハゼの木があり、ハゼが紅葉する11月中旬になると鷹取山が紅く染まり、深まりゆく秋をひまわりと共に見る事ができます。

所在地 みやき町大字簑原

山田水辺公園

夏場になると涼を求めて子ども連れの家族で賑わいます。脊振山系から流れる山の水は冷たく、里山から吹く風は爽やかなので、夏休みには県内外から遊びに来る家族連れや子どもたちの歓声が里山に響きます。

天建寺橋

天建寺橋は、筑後川にまたがり佐賀県と福岡県とをつなぐ橋で、長さ426メートル、幅12メートル、道路面からの高さは53.5メートル、二基の橋脚に直径20センチのワイヤー80本で橋げたをつる筑後川に架かる唯一のPC(プレストレスト・コンクリート)斜張橋です。

所在地 みやき町大字坂口

みやき町の名所・文化

千栗八幡宮お粥試し

1200年以上の歴史をもつ、日本三大粥祭りの一つに数えられるお祭りです。お粥を炊いて神器に盛り、箸を十文字に渡し東西南北に分け、筑前、筑後、肥前、肥後の4か国に国分けをして、カビの生え具合から1年間の天候や農作物の出来具合、その他地震・台風等の吉凶などを占います。

中津隈宝満神社浮立

「宝満神社」では12年に一度巡ってくる「午年」に「御幸祭」が行われています。天平4年(732年)に創建されて以来引き継がれてきた祭りといわれています。

西の宮浮立

鉦の音を象徴的に表しているので、別名「ガンガン浮立」ともいわれています。持ち回り地区により浮立と稚児舞があるところと、稚児舞のみの地区があります。

みやき町の特産・名物

トマト

「感激(かんげき)」という品種を栽培しており、みやき町の中部にハウスが多く見られます。実はみずみずしくて大きく、完熟してから収穫するのでとても甘く、リコピンなどの栄養素も豊富に含みます。

エツ

日本では有明海のみに生息している、カタクチイワシ科の珍しい魚です。刺身にして醤油だれや味噌だれで食べたり、酢でしめたり、或いは煮物にしてもおいしい魚です。

い草

私たちの住居に欠かせない畳に使われる「い草」は、みやき町の特産品として今も受け継がれています。
今は、県内で1ヶ所だけとなりました。

みやき町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

みやき町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版