わが街イイトコ!!

太良町特集

[佐賀県]

太良町は、佐賀県の西南部に位置しており、東は有明海に面し、西は長崎県大村市、南は諫早市、北は鹿島市と接しています。総面積は74.30平方キロメートル、東西12キロメートル、南北12キロメートルで、霊峰多良岳を頂点として、有明海に向かってほぼ扇状に広がっています。

太良町のいいトコ!!

太良町で憩い・楽しむ

白浜海水浴場

有明海で初めての人工海水浴場。太良町特産の竹崎カニをイメージしたつくりで、潮の満ち引きにより遊泳時間が制限されますが月の引力が体感できるユニークな海水浴場です。

所在地 太良町大字大浦丁1831

太良町あいあい公園

総面積1ヘクタールの園内には、多良岳に生育する樹木を植栽した芝生広場や用水路を利用した水車小屋などがあります。多良川での水遊びを満喫することもでき園内ではホタル祭りやアユ祭りなどのイベントも開催されます。

所在地 太良町大字多良(大川内)

多良岳県立自然公園・多良岳水源の森

奈良時代から霊場として知られる多良岳(標高983メートル)を中心とした山岳公園です。山頂からは有明海や雲仙を望むことができます。またオオキツネノカミソリをはじめ、貴重な動植物が多数存在します。また水源の森百選にも選ばれています。

太良町の名所・文化

海中鳥居・道路

太良町栄町の有明海には3基の海中鳥居があります。この海中鳥居は大魚神社の第二の鳥居です。
また、この海中鳥居のそばには海中道路があります。海中道路とは干潮の時に姿を現す、有明海の沖へと続く道路です。この道路は有明海の干満の特性上、太良町の漁業になくてはならない荷揚げ用の作業用道路で町内に3箇所あります。

竹崎城址展望台公園(竹崎城址)

竹崎城は南北朝時代に島原の有馬隆泰によって築城されました。その後戦国時代の末、龍造寺家晴により修築され島原の乱の後取り壊されたと伝えられています。かつて竹崎観世音寺の拝み堂であったと伝えられる場所に竹崎城を再現した展望台が建てられています。展望所からは、東に有明海を隔てて大牟田・遠くは阿蘇の山々、西に多良岳山系、南に雲仙岳、北に有明佐賀空港が一望でき360°のパノラマを満喫できます。

所在地 太良町大字大浦甲20付近

竹崎観世音寺

奈良時代に行基菩薩によって建立されたといわれる真言宗の由緒ある寺院です。境内には佐賀県指定重要文化財の「石造三重塔」や太良町指定重要文化財の「石造六地蔵塔」など貴重な文化財が残されています。今もなお昔ながらの伝統的な祭りが行われています。

所在地 太良町大浦甲竹崎248

太良町の特産・名物

竹崎カニ

竹崎カニは、太良町を代表する特産物です。カニの種類は全国的には「ワタリガニ」として知られているものですが、太良町の竹崎地区近海で獲れるものは特に「竹崎カニ」とよばれて珍重されています。有明海の干満の差でできる広大な干潟、その干潟に棲むプランクトンや小動物は、1日1回は潮の引いた干潟の上で日光を浴びます。食べ物をおいしくする遠赤外線を多く吸収したそれら小動物は竹崎カニの格好のえさであり、それを食べる竹崎カニはそれゆえに、格段に美味であるといわれています。

たらみかん

温暖な気候、多良岳山系の豊かな自然と清らかな水に育まれ、秋から初冬にかけて色づくみかんは、太良町を代表する特産物のひとつです。恵まれた自然から生まれる太良のみかんは、色つやが美しく、まろやかな甘さとほどよい酸味のある、とてもおいしいみかんで有名です。

わさび

有明海に面する佐賀県南部の多良岳(標高983メートル)のすそ野に広がる豊かな自然の中で、「ボックス式わさび栽培法」を取り入れた、九州で最も広いわさび畑で栽培しています。本わさびの根茎をはじめ、ドレッシングやわさび漬け等の加工品も人気です。

太良町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

太良町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版