わが街イイトコ!!

毛呂山町特集

[埼玉県]

毛呂山町は埼玉県南西部、都心から50キロメートル圏内に位置し、東は坂戸市、西は飯能市、南は日高市、北は越生町および鳩山町に隣接しています。
秩父山地と関東平野が接する、いわゆる八王子構造線にまたがり、西部は山地、中央部および東部が平地となっています。西部の山地は標高300~400メートルで外秩父山地の東縁部にあたります。
交通のネットワークとして、鉄道は町の中央をJR八高線と東武越生線が走り、主要道路は東西に県道川越坂戸毛呂山線および県道川越越生線、南北に県道飯能寄居線が通っています。
都心まで約1時間というアクセス。通勤圏でありながら、町内には四季折々に美しく変化を見せる自然が多く、里山資本に恵まれた町です。
平成27年10月に、平成36年度を目標年度とした「第五次毛呂山町総合振興計画」を策定し、「輝く緑 輝く瞳 輝くまち もろやま」を将来像として定めて、「毛呂山町の個性あふれるまちづくり」「安全で安心に暮らせるまちづくり」「協働によるまちづくり」を基本理念に、各種施策を実施しています。

毛呂山町のいいトコ!!

毛呂山町で憩い・楽しむ

鎌北湖

農業用貯水池として昭和10年に完成した周囲2キロメートルの人造湖。山間に静かにたたずむ姿から別名「乙女の湖」と呼ばれています。桜や紅葉の名所としても知られており、ボートに乗って湖面から眺める景色は格別です。また、年間を通してへらぶな釣りができるほか、奥武蔵自然歩道の起点にもなっているため、多くのハイカーで賑わっています。

滝ノ入ローズガーデン

山々に囲まれたバラ園で、2,800平方キロメートルの敷地に1,500株、350種のバラが咲きます。ボランティアによって丹精こめて育てられ、春は5月下旬~ 6月上旬、秋は10月下旬~11月上旬のバラまつり期間のみ開園します。また開催期間内にはバラの苗木や地元の特産物が販売されます。周囲には散歩道も整備されています。

花はす広場( 総合公園プール跡地 )

毛呂山総合公園のプール跡地を再利用し、地域のボランティアの方々の協力により、手塩にかけて育てられた花蓮や、埼玉県行田市から株分けしていただいた古代種の蓮「行田蓮」など約20種類、約1万株の蓮が色とりどりに咲き誇ります。

毛呂山町の名所・文化

桂木観音

奈良県の葛城山に似ていることから、行基(奈良時代の僧)が名付けたと伝わっています。山腹の観音堂には千手観音の立像を安置しています。6月下旬~7月上旬にはアジサイも色づき、天気の良い日にはスカイツリーもみえます。また、12月には太陽(日の出)とスカイツリーが重なることもあります。

出雲伊波比神社春の流鏑馬

春の流鏑馬は「7つうちは神の子」とされる6歳までの小さな男の子が主役です。白・紫・赤の3色で飾り立てられた花笠と赤い陣羽織で盛装したその姿は、まるで小さな武士人形のようです。こちらは1日限りの祭りで、祭馬も1頭のみ。的も願的のみで、射る矢も1本限りで行われます。

獅子舞

10月上旬に五穀豊穣や無病息災を祈願して町内4箇所の神社で行われます。

毛呂山町の特産・名物

桂木ゆず

ゆずサブレ

ゆず入りうどん

ゆずジャム

毛呂山町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

毛呂山町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版