わが街イイトコ!!

高島市特集

[滋賀県]

滋賀県高島市は、琵琶湖の西部に位置し、平成17年1月1日、マキノ町、今津町、朽木村、安曇川町、高島町、新旭町の5町1村が合併し、新市高島市として踏み出しました。古来より当地域は京都・奈良の都と北陸を結ぶ交通の要衝として栄え、中でも陸上交通は比叡・比良山麓を湖畔に沿って走る西近江路や、塩漬けされた鯖を運搬する街道であったことから鯖街道と呼ばれる若狭街道が主となり、これらの街道と大津方面への湖上交通の拠点である港町や宿場町として栄えてきました。気候的には、日本海側に近いことから冬季の寒さは厳しく、積雪量の多い日本海側気候となっています。また、秋季には「高島しぐれ」と呼ばれる降雨がしばしばあります。また、近江聖人と称えられた日本陽明学の始祖、中江藤樹先生生誕の地として知られているとともに、数多くの高島商人(近江商人)を送り出した土地柄でもあります。

高島市のいいトコ!!

高島市で憩い・楽しむ

水と石積みのまちの水辺景観

江戸時代、北国海道の宿場・港町として栄えたこの地区には、家屋を波風から守るため築かれた石積みが現存し、海津・西浜の湖岸に約1.2キロメートルにわたって続きます。

マキノ高原のメタセコイア並木

延長2.4キロメートルにわたって、約500本のメタセコイアが植えられています。四季折々に表情を変える景観は、訪れる人々を魅了しています。

マキノサニービーチ

定期的な清掃が行われていて、「清らかな水辺」(環境への配慮・取り組み)の事項では最高の評価を得ました。

高島市の名所・文化

ヴォーリズ建築(今津ヴォーリズ資料館)

大正から昭和にかけて滋賀県を拠点に活躍したアメリカ人建築家、ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計した建物をヴォーリズ建築と総称しています。市内には、今津ヴォーリズ資料館をはじめ、今津教会、旧今津郵便局などが残っています。

所在地 今津町今津175番地
電話番号 0740-22-0981
時間 午前10時~午後5時
休館日 月曜・12/28~1/4

史跡藤樹書院跡

江戸時代初期の儒学者・中江藤樹が弟子や村人ととも学んだ私塾および屋敷のあった場所に建てられています。藤樹の名前は、かつてこの書院の敷地内に藤の大木があったことから、人々によって名付けられたと伝えられています。

所在地 安曇川町上小川

乙女ヶ池

内湖・乙女ヶ池は、かつて表の湖(琵琶湖)に対して、ウラウミ、セドウミなどと呼ばれ、幾多の歴史的逸話を秘めた場所です。現在は県の園地公園となり、ビワバス・コイ・フナなど淡水魚の宝庫として釣り人や散策を楽しむ人に親しまれています。

所在地 勝野3061-1

高島市の特産・名物

近江牛

黒毛和種の和牛が県内で最も長く肥育された場合に許される呼称で、神戸、松阪と並ぶ最高級の牛肉といわれます。

富有柿

滋賀県有数の柿の産地として、今津町の深清水を中心に大正時代から栽培されています。古くから日本人に愛されてきた果物で、栄養価が高く、食味も良く、高い評価を得ています。

風車メロン

平成元年から新旭地域で生産が始まり、さわやかな香りと上品な甘さで人気を得ています。毎年、ご自宅用はもとより、贈答品として買い求める方々で賑わいを見せ、地域の夏の味覚として定着しています。

高島市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

高島市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版