わが街イイトコ!!

美波町特集

[徳島県]

美波町は、平成18年3月31日、日和佐町と由岐町が合併して、誕生しました。
日和佐町と由岐町は昔から上灘と呼ばれており、徳島県の南東部に位置しています。北は阿南市、那賀町、西は牟岐町、海陽町に接し、南東は太平洋に臨み、暖かい黒潮の良好な漁場を有しています。海岸部は、海亀が産卵をする砂浜、陸けい島、離島、海食崖、海食窪、海食洞、多様な岩礁など、非常に変化に富んだ海岸線となっており、多くは「室戸阿南海岸国定公園」に指定され、風光明媚なリアス式海岸となっています。

美波町のいいトコ!!

美波町で憩い・楽しむ

日和佐うみがめ博物館

アカウミガメが上陸する大浜海岸のすぐ前に、世界でも珍しいうみがめ博物館“カレッタ”があります。展示・解説だけでなく、子ガメ水槽や屋外タッチプールなど、観て、触れて、遊べる、活動型の楽しい博物館です。

スキューバダイビング

豊かな自然を多くの皆様と楽しみ、感動し、癒されたいと思います。SUPやスキューバダイビング、シーカヤックなどいつでも受付ています。

藍染め体験

藍染め体験が出来ます。また持込品を藍で染めることも出来ます(100グラム以上に限る)。
料金は品物の重さ(グラム)×25円。体験日は平日の午前中(1週間前までに要予約)。

美波町の名所・文化

日和佐城

元々山城だったと考えられる城山の山頂には、1978年に建てられた白亜の天守閣がそびえています。

薬王寺

四国88カ所霊場第23番札所であり、年間約80万人の参拝者が訪れます。726年に行基菩薩が聖武天皇の勅願を受けて建立、その後815年、弘法大師42歳の時、平城上皇の勅命をうけ、厄除けを誓願して刻まれた厄除薬師如来をご本尊として安置している、四国霊場で唯一のお寺です。地元の方からは「おやくっさん」と親しまれています。

赤松吹筒花火

吹き上がる炎の下を青年団たちが「できたん、どしたん」の掛け声とともに、火の粉をかぶりながら走り回り、来年の豊作などを祈願するお祭りです。

美波町の特産・名物

伊勢エビ

肉の甘みと身の締まりに定評がある徳島県産の伊勢エビ。漁が盛況となる10月には、伊勢エビまつりが由岐地区で開催されます。

アオリイカ

徳島県南のアオリイカは、筋肉質に富み、透明感があり美しく美味しいことから人気があり、イカの王様と呼ばれています。アオリイカは、「極めて強い甘みと、モチモチ食感」が魅力の食材です。

アワビ

刺身で良し、寿司に良し、海賊焼きにも良し。スライスしてからバター焼きにするのもおすすめです。
黒潮の恵みをとじこめたアワビは、コリコリとした独特の食感でコラーゲンも豊富です。

美波町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

美波町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版