わが街イイトコ!!

調布市特集

[東京都]

調布市は都心に程近い距離にありながら、いまなお武蔵野の面影を残す豊かな自然との調和のもとで発展してきました。さらに、京王線地下化が実現して以降、駅前広場や道路の整備、にぎわいの創出などに取り組み、調布市のまちづくりは目に見える形で躍動的に進展しています。

調布市のいいトコ!!

調布市で憩い・楽しむ

日活調布撮影所

1954年当時、東洋一を誇った日活の撮影所。最新設備を揃え、石原裕次郎や吉永小百合など多くの大スターを生み出しました。施設内の5つのスタジオでは今でも多くの映画やドラマの制作が行なわれています。

所在地 染地2-8-12

神代植物公園

都内最大級の広さを誇る植物公園。約48万平方メートルの園内に植えられた植物は、約4,800種、10万株にもおよび、四季を通じてさまざまな花や緑を楽しむことができます。園内は、ばら園、つつじ園、うめ園、はぎ園をはじめ、植物の種類ごとに30ブロックに分け ており、景色を眺めながら植物の知識を得ることができるようになっています。大温室では珍しい熱帯の植物も鑑賞できます。

所在地 深大寺元町3
電話番号 042-483-2300

國領神社 千年乃藤

市の「ちょうふ八景」にも選ばれている藤の木は、長い歳月を経てもよく伸び茂るので、延命・子孫繁栄・商売繁盛・不二・無事に通じ、万物の繁栄成就と災厄を防ぎ守るご神木として大切にされています。

都立野川公園

草原と雑木林に覆われた39.9万平方メートルの広大な緑地公園です。辺り一帯が自然保護区になっており、何種類もの野鳥や昆虫・野草の観察が楽しめます。

所在地 調布市野水1・2

調布市の名所・文化

深大寺

豊かな緑と湧き水に恵まれた深大寺界隈は、憩いの場として愛されており、深大寺そばの話題性もあって、多くの参拝客で賑わいを見せます。もともと深大寺は関東屈指の古刹として知られ、その起源は奈良時代、満功上人(まんくうしょうにん)によって創建されたといわれており、平成29年に国宝に指定された銅造釈迦如来倚像(白鳳仏)、国の重要文化財である梵鐘などの貴重な寺宝が安置されています。

布多天神社(ふだてんじんじゃ)

延喜5(927)年に制定された「延喜式」にその名を連ねる、多摩地方有数の古社。文明9(1477)年に多摩川の洪水を避け、古天神というところより現在地へ遷座され、その時に、御祭神、少彦名命(すくなひこなのみこと)に菅原道真公を配祀(はいし)されました。江戸時代には甲州街道が作られ、上石原、下石原、上布田、下布田、国領の五宿ができ、五宿天神と崇め祀られていました。

所在地 調布ケ丘1-8-1
電話番号 042-489-0022

郷土博物館

調布の歴史などに関する常設展や企画展、講演会など多彩な催しを行っています。土器、石器、古文書、古写真、太平洋戦争時の資料、近藤勇の生家復元模型など、ゆかりの歴史資料が展示されています。

所在地 小島町3-26-2
電話番号 042-481-7656

調布市の特産・名物

深大寺そば

ときは江戸時代、米作りに向かない深大寺周辺ではそばで来客をもてなしていました。深大寺の総本山、上野寛永寺の門主第五世公弁法親王が、深大寺そばを大変気に入ったことでその名が広まったとされます(歴史は諸説あります)。現在、深大寺周辺には20店舗ものそば屋が軒を連ねています。また、そばまんじゅうなどそば粉を使った各店のオリジナルメニューも充実。大変な賑わいを見せています。

ホッピー

日本人独自の酒文化「焼酎との割り飲料」のパイオニアとして知られているホッピーは、低カロリー、低糖質、プリン体ゼロのヘルシーなお酒として若い世代からも人気。調布市には製造元であるホッピービバレッジの工場があり、地元からも親しまれています。

調布市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

調布市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版